【令和版】セフレの作り方とセフレ探しにおすすめの方法

令和におすすめのセフレの作り方

草食系男子が増えたといわれて久しいですが、そんな令和にあっても下半身が毎日うずいている、セフレを作りたいという願望を抱えているという方は多いのではないでしょうか?

セフレを作りたいけど作り方が分からない、どうやったらセフレになってくれる相手が見つかるのか分からないというセフレ未経験者・セフレ渇望者のために、令和におすすめのセフレの作り方とセフレを作る際の注意点など、セフレに関するあれこれを掲載しています。

本特集は一度でいいからセフレを作ってみたい、性欲が強すぎるのでセフレが欠かせないという方におすすめのセフレ特集になっています。

⇒ この特集で分かる事

① セフレを作る際の注意点

② 令和にセフレを作るおすすめの方法

③ セフレのメリットとデメリット

セフレは男性だけの願望なのか?

セフレとは男性だけの願望なのか

初めてを経験してからその快楽がクセになり、いつしかその快楽を楽しむだけのセフレを作りたいを願うようになったという男性は多いと思います。

恋人のように多くの時間を共にするのではなく、行為をするためだけのセフレ。行為が好きな男性であれば一度はセフレを作るという夢を持ったことがあると思いますし、私自身もセフレを持つことを夢見た男性の一人です。

しかし、ワンナイトのチャンスを掴むことだけでも難しいのに、セフレを作るとなると意識の違いからか軋轢を生むことがあり、セフレという関係を作り上げるまでに様々な試行錯誤を繰り返しました。

最初はワンナイトはあっても継続的なセフレになるには至らない事が続き、「結局のところセフレを作りたいと思ってるのは男性だけなのか?」と諦めかけていましたが、ふとしたきっかけでセフレができて、その女性の意見を聞くことでセフレ願望があるのは男性だけではないという事が分かりました。

男性だけでなく女性にもメリットが必要

女性にとってセフレを作るメリットとは

男性の場合、継続的な性欲のはけ口としてセフレを作りたいという願望を持つようになると思いますが、女性の場合はそうでないケースがほとんどのようです。

そもそも女性には妊娠というリスクが伴うため、セフレを持つための動機は男性ほど軽くないように思います。

中には行為そのものが好きだという女性もいますが、女性のセフレ予備軍の大半は性欲の発散とは別に、自分にとってメリットがある場合にのみセフレとしての関係を継続してくれるようです。

メリットの一例としては….

  • 自己顕示欲(イケメン・ハイスぺ男性に抱かれている自分)
  • 承認欲求(誰かに必要とされていると実感したい)
  • キープの一環

中には特殊な理由からセフレとして成立している場合もあるようですが、ほとんどの場合、上記のいずれかに該当するようです。

最も多いのは自己顕示欲絡み?

自己顕示欲強めの女性

これまでに関係を持ったセフレや、セフレを作った事がある女性から話を聞く限り、セフレを作った理由で最も多かったのは自己顕示欲だったように思います。

こんなイケメンに求められているという事に自己満足するケースもあれば、自己満足では足らず周囲に自慢するケース、また定期的にプレゼントをくれたり高級な人気飲食店に連れて行ってもらえるなど、金銭絡みでハイスぺ男性とセフレとしての関係を続けているケースなどなど。

自身の性欲の発散に加え、何らかのメリットを得られる関係であることがセフレとして継続する条件になっているようです。

中には性的欲求が少なく、行為そのものに快楽を感じる体質ではないのに、自己顕示欲を満たすためだけにセフレとして行為に及んでいた女性もいました。

では非イケメン・低スぺ男性はセフレを作ることはできないのか?

答えは「NO」です。

非イケメンでも低スぺだったとしても、セフレを作ることは十分に可能です。

ただし、セフレとなる女性が何を求めているのかをしっかり理解し、その女性が求めているものを与え続けられる存在になる必要があります。

狙いめは承認欲求タイプ?

承認欲求モンスター

女性が満足するだけのイケメンではない、女性に高額なプレゼントを渡したり高級料理をご馳走するほどお金に余裕がないという男性にとって、一番の狙いめは承認欲求タイプの女性です。

承認余裕が高い女性を分かりやすく形容すると、SNSで毎時間エゴサするような「他人からどのように見られているのか気になる女性」で、他人から褒められたり認められることで最大の快楽を得るタイプです。

中でも同性ではなく異性、つまり男性からの評価を著しく気にするタイプの女性はセフレになりやすく、行為そのものよりも男性から求められていると感じることに喜びを感じるようです。

承認欲求タイプは男性のビジュアルや金銭事情などに左右されにくいので、一番の狙いめと言ってもいいのですが、その代わり女性のメンタルケアにかなり気を配る必要があります。

相手のLINEにしっかり返信するだけでなく、こちらからも定期的にLINEを送るなど、疑似恋人のような関係を求められることもあれば、連絡は不定期でも「かわいい」や「会いたい」など女性が欲している言葉を理解し投げかけることで満足してくれるケースもあります。

既婚女性でありながらセフレを作るタイプは、大抵がこの承認欲求タイプであり、承認欲求を満たすためだけにご主人を裏切ってセフレを作るようです。

私が知っている女性は、旦那さんと上辺の関係は良好なものの、旦那さんから求められることが減ってしまったために、他の男性でその承認欲求を補完しようと職場不倫に走っていました。

日常会話から承認欲求モンスターかどうかを判断するのはやや難しいですが、意識して話を聞いていると「あれ?もしかして承認欲求高めか?」と分かるようになってくるので、そういった女性をターゲティングしてみるのはおすすめです。

セフレを作る際に注意すべき点

セフレ作りで気を付けるべき3つのポイント

セフレが出来たことがない人にとって、セフレは期待と不安が混在した存在だと思います。

これからセフレを持つにあたり、何に注意を払い、どのように立ち回っていけばいいのかなど、気になることは尽きないのではないでしょうか。

そこで、私がこれまでにセフレとの間で起きた失敗談やセフレから言われた言葉を例に、セフレを作る上で注意すべき点と、気を付けるべきポイントをまとめてみました。

稀にニュース等で「美人局(つつもたせ)」系の事件を目にすることがありますし、セフレを作るにあたり危惧しているという方はいらっしゃると思いますが、金銭が発生する売り行為や相手が未成年と分かった上での行為でない限り違法な行為ではないので、万が一トラブルに巻き込まれた際は必ず警察に相談するようにしましょう。

1.相手のメリットを理解する

前章でご紹介したように、女性がセフレを作るケース身体的快楽に加え、何らかの精神的メリットが必要になります。

継続した関係を構築したいのであれば、相手のメリットが自己顕示欲なのか承認欲求なのかなど、相手にとってのセフレとなるメリットをいち早く理解し、その欲求を満たすためのケアが必要になります。

女性が自己顕示欲型なのであれば、適度にデートをするなどして人の目につく場所に出る必要があるでしょうし、ブランド大好きなら定期的にプレゼントも必要になります。

承認欲求型であればあまりにもドライな関係はご法度ですし、あなたをキープするためにセフレになっているのであれば、他の女性の存在をにおわすのはNGであり、適度にデートをするなど恋人っぽい振る舞いが求められます。

セフレ女性のメリットを度外視すると、セフレとしての関係は継続困難となり、気づけば連絡を断たれ再度セフレを探す必要が出てきます。セフレを作るのは存外大変なので、出来れば相性が良い一人のセフレと長く関係を続けたいところですよね。

某多目的トイレ芸人さんが良い例かもしれません。彼の事案をネット記事などで見る限り、お相手の女性は自己顕示欲を満たしたかったんだと思いますが、あまりにも乱雑に扱われたことで、セフレとしての関係を断っただけでなく復讐に踏み切られました。

彼のようにセフレだからと言って乱雑に扱うのは絶対NGですし、セフレとして双方にメリットがあるような付き合い方を心掛ける必要があります。

2.お互いのために最低限のマナーを

セフレを作るための最低限のマナー

以前、出会い系アプリで知り合ったセフレに、実際に会う前にこのようなことを言われました。

ゴム無しだけは勘弁してほしい。ゴム無しの提案をされた時点で最中でも帰ります。あと、お互いの自宅は避けたいので会うなら割り勘でホテルが良いです。

流石にセフレとやるときは毎回ゴムを付けますが、中には生でやりたがる男性もいるようで、そういった経験をしたことがある女性にとって、ゴム無しを強要してくる男性は避けるべき存在のようで、事前に釘を刺されることがあります。

セフレを作る女性の中にはピルを飲んでいいる人もいるようですが、ピル常用者は間違いなく少数派なので、セフレとの行為の際はゴム使用を徹底した方がお互いのためかもしれませんね。

ホテルに関しては人によって意見が異なると思いますが、出来ればお互いの家は避けたいという人は多いと思います。

私は自宅であろうとホテルであろうとどちらでも良いのですが、力で劣る女性は万が一のことを考えるといきなり男性宅でというのはあまりにも怖いと思いますし、カメラなどを設置される危険性を考えるとやはり男性の自宅で行為に及ぶのは怖いですよね。

また、本人にとってはいつも通りの部屋でも、他人にとってはそれを汚い・臭いと感じる場合もあるので、気持ちの良い関係を長く続けていきたいのであれば、出費はかさみますが最初の数ヶ月はホテルで会うのが一番堅実な選択肢です。

3.セフレの事情には目をつぶり深入りしない

セフレの事情には目をつぶる

単純に行為そのものが好きなのでセフレを作りたいと思っている男性がほとんどだと思いますが、経験上、女性の場合は何らかの”事情”を抱えているケースが多いように思います。

私が過去にセフレとして関係を持った女性の例を挙げると…

  • 新婚だけど旦那が相手をしてくれず性欲が溜まっている
    (恐らく性欲以上に承認欲求が溜まっていたんだと思います)
  • 転勤で遠距離恋愛になり性欲が溜まっている
    (この女性とはかなりドライな関係だったので単純に性欲が高いタイプ)
  • 彼氏彼女という明確な関係が嫌いなのでセフレくらいがちょうど良い
  • 結婚予定の彼氏がいるがその人としか付き合ったことがなく他の男性とも経験したい

特に衝撃だったのは、最後に挙げた結婚するか悩んでいた女性でした。

大学で初めて付き合った男性とそのまま結婚するつもりでいたけど、その男性しか知らないことに不安を覚え、結婚する前に他の男性とも経験してみたいと思い、彼氏に内緒で出会い系アプリに手を出したらしいのですが、他の男性を知れば知るほど結婚する気が失せたそうです。

出会い系アプリで知り合った男性は私で4人目だったらしいのですが、4人全員が彼氏より優しく行為も丁寧で、本気で結婚を取りやめるか悩んでいました。

行為の後の雑談でこういう話を聞くと情が芽生え感情移入してしまいそうになることもありますが、セフレの事情に深入りして良いことは一つもないので、基本的にはしっかり話を聞き、ある程度のとおろで話題を変えるなど、聞き役にとどまることをおすすめします。

特に、彼氏や旦那さんがいる女性の事情に首を突っ込むなど深入りすると、セフレが重い存在になってしまいますので、セフレを作るのであればいつでも関係を断てる軽い関係がおすすめです。

時にはセフレに恋心を抱くこともあると思いますが、そういう場合は是非こちらの特集を参考にしてみてください。

 令和版!セフレをつくるおすすめの方法

セフレを作るための方法はいくつもあると思います。

私の中で最も多いのは合コンやナンパなど、リアルで知り合い関係を持った女性がそのままセフレになるというケースです。

付き合う程ではないけど、気が合い初夜の後も連絡を定期的にとるようになり、セフレという関係になっていたように思います。

しかし、30歳に近づくにつれて結婚等で合コンを開催する友人が減っていき、ナンパするといった事もなくなっていったので、徐々にセフレを作る機会を失っていきました。

そこからセフレを作るために様々なツールを使うようになり、試行錯誤を繰り返してきましたが、個人的に成功率が高かった3つの方法をお紹介したいと思います。

番外!SNSでネットナンパ

私は一度も成功した試しがなかったのですが、友人からおすすめされたのがSNSを使ったネットナンパでした。

Twitterもしくはインスタでこまめにリプを送り、相互フォロー状態になりこちらを認識してもらった状態でDMを送り仲良くなるという方法。

お金がかからないというメリットはあるものの、同じ地域に住んでいて尚且つ顔が分かる写真をアップしている女性を探すという最初のハードルが高く、そこをクリアしてもDMを返してくれるほど仲良くなるのが難しく、DMをする関係に発展するまでがとにかく難しい!

1人とDMするまでにとにかく時間がかかるので、私は1ヶ月ほどで断念しました。

むしろそういった過程を楽しむのが好きという方もいると思いますが、SNSを使ったネトナンを実行できる人は限られていると思います。

①セフレアプリとして有名なTinder

SNSネトナンの次に手を出したのが、セフレを作るためのマッチングアプリと言っても過言ではない『Tinder(ティンダー)』です。

基本無料なので上手くいけば無料でセフレを作ることができますし、女性側もその気で利用しているのでそういう人にマッチングしてしまえば行為に及ぶのは簡単なのですが、普通のマッチングアプリとはやや異なる仕様で、目を引くイケメンや美女でなければマッチングすることが難しいので、無料でセフレを探すのが難しいという欠点があります。

また業者アカウントも多く、せっかくマッチングしたと思っても営業されて萎えてしまうんですよね。

とりあえず無料の範囲で試してみるのはアリだと思いますので、まだTinderにトライしたことがないという方は是非チャレンジしてみてください。

②マッチングアプリでセフレ発掘&育成

Tinderよりもマッチング難易度が低く、Tinderを経験したことがある人であれば簡単に感じてしまうマッチングアプリを使ったネトナン

ほとんどのマッチングアプリが男性有料ではあるものの、月額4,000円前後でセフレを作れるなら安いものですよね。

ただし、マッチングアプリでは恋人を作るために利用している人がほとんどなので、こちらがセフレ目的だと分かるとすぐにブロックされてしまいます。

その為、まずは会って行為に及び、そこからいかに彼氏彼女にならずに関係を続けるかといった工夫が必要になります。

経験上、マッチングして関係を持つまではそこまで難しくないと思うのですが、そこから継続的な関係性になるまでが難しく、マッチングアプリでセフレを作るためには行為が好きな相手を発掘し、セフレの闇に落とす育成力が必要になります。

運が良ければすぐにセフレが見つかることもありますが、基本的にマッチングアプリは恋人探しor婚活が目的で利用している人がほとんどなので、そこが少し難しいポイントかもしれませんね。

③おすすめは出会い系アプリでセフレ探し

様々な方法にトライしてきた私が、最もセフレを作りやすかった手段が「出会い系アプリ」です。

▲出会い系アプリで最も登録者が多いハッピーメール

「出会い系アプリとマッチングアプリと何が違うの?」という方が大半だと思いますが、セフレ作りに最も適したサービスは間違いなく出会い系アプリです。

この両者の違いは端的に言えば「月額課金か従量課金制(使っただけ料金がかかる)」であり、出会い系アプリの従量課金は使い方次第ではお金がかかることもありますが、慣れていけばマッチングアプリよりも安く済ませる事が出来るようになります。

マッチングアプリ
  • 月額定額(4000円前後)
  • 恋人探し
  • 利用者は多い
出会い系アプリ
  • 従量課金(使った分だけ)
  • セフレ探し
  • 利用者は減少傾向

また、マッチングアプリよりもセフレ願望を持っている利用者が多く、マッチングアプリよりもセフレ作りに適したサービスなんです。

マッチングアプリの人気が高いため、現在は出会い系ユーザーが減少傾向にありますが、その分、出会い系アプリで恋活・婚活する人が減っており、よりセフレ作りに適した環境になってきています。

なぜセフレ探しは出会い系アプリなのか?

セフレ探しは出会い系アプリという紹介の仕方をしましたが、厳密にいうとおすすめなのは出会い系”アプリ”ではなく出会い系”サイト”になります。

マッチングアプリも同様なのですが、スマホアプリの配信は実質的にGoogle社とApple社の独占状態にあり、両社の規約の問題からアダルトコンテンツを含むアプリの配信は出来ないようになっています。

その為、出会い系アプリもマッチングアプリもセフレ等のアダルトコンテンツを含むことができないのですが、自社で提供しているwebサイト、つまり出会い系サイトであればアダルトコンテンツを提供することが可能になっており、セフレ探しに適した環境を提供することが出来るんです。

出会い系サイトは危険?

サクラの実態調査

一般的に「出会い系サイト」と聞くとネガティブなイメージを持つ方が多いようですが、それは過去の話であり、現在は出会い系アプリも出会い系サイトも何ら変わりはありません。

多くの人から安全だと認知されているマッチングアプリも、オリジナルサイトからサービスを利用できるようになってきてますし、基本的にはアプリとwebの両方でサービスを提供するのが一般的と言っていいかもしれません。

ただし、マッチングアプリの人気にあやかっているのか、現在はマッチング系のwebサイトに怪しいサービスが増えてきているので、大手マッチングアプリ以外のwebサイトを利用するのはおすすめできません。

出会い系サイトの強み

出会い系サイトにおいては、G&A社のアプリプラットフォームのようにアダルトコンテンツに対する厳しい縛りがなく、各社独自のルールにのっとってサービスを配信できるため、一部の出会い系サービスではアダルトコンテンツが提供されています。

出会い系の代表格であるハッピーメールは、ここ数年イメージアップを図っているため、令和以前と比べるとかなり健全なイメージが定着しつつありますが、実は現在もアダルトコンテンツが残されています。

ハッピーメールのアダルト掲示板

以前と比べると少しわかりづらくなっていますが、「コミュニティ⇒その他掲示板⇒検索設定⇒興味あること⇒その他の目的」の順で進んでいくと上の画面が表示され、セフレ探しに最適な「大人の交際」など、ちょっと特殊な項目が表示されます。

ここであれば互いにセフレの関係を望んでいる男女が出会うことができるので、手間がかからないという点では非常に効率的でおすすめです!

出会い系最大手のハッピーメールを例に挙げましたが、他の大手出会い系でも同様のコンテンツが提供されており、セフレ探しをするのであれば出会い系サイトのアダルト掲示板がイチオシです。

アダルトに潜む業者に注意

スーツの男性は見極めが難しい

これは出会い系サイトに限った事ではありませんが、アダルト系のコンテンツには必ずと言っていいほどいかがわしい業者が紛れ込んでいます。

実体験上最も多かったのは、公安から認可を受けていない闇デリ系業者で、出会い系サイトのアダルト掲示板等を使って営業活動を行っているようです。他にも、個人でウリをしている女性にも何度か遭遇したことがあります。

出会い系サイト側もアカウントをBANするなど、様々な対策を行い排除に勤しんでいるようですが、さすがに完全排除は不可能なので、出会い系サイトでセフレ探しをする際は「いる」という事を前提に注意深く活動するようにしましょう。

セフレ探しにおすすめの出会い系アプリ

令和にセフレ探しをするのであれば、SNSやマッチングアプリではなく出会い系アプリに代表される大手の出会い系サイトがおすすめです。

令和現在も特殊サービスの提供を続けている出会い系サイトの中で、特におすすめの出会い系を3つに絞り、おすすめ順にご紹介したいと思います。

当然、先ほどご紹介したようなアダルト掲示板があるサイトのみであり、どのにその掲示板があるのかもご紹介しています。

初志貫徹!令和でも変わらぬJメール

セフレ探しで一番のおすすめは運営実績20年の『Jメール』です。

最大手のハッピーメールや時点のYYC、PCMAXが恋活・婚活に力を注ぐ中、令和でも変わらずアダルト掲示板に力を入れている信頼のJメール。

中堅・大手出会い系の中では唯一アプリ(Android版のみ)を独自配信しており、他社の規約に縛られずに済むため、アプリ版でもセフレ探しができるという強みを持っています。

Jメールは掲示板が充実

Jメールのアダルト掲示板

Jメールは運営実績20年の老舗出会い系サービスなのですが、変わらずアダルト掲示板に力を入れ続けているため、セフレアプリと言えばJメールというイメージを持っている人も少なくありません。

UIの見た目は平成初期の匂いが漂っていますが、掲示板は地域別・目的別に分かれているため、セフレ探しにうってつけなんです。

「アダルト掲示板」という分かりやすい形でメニュー表記されているので、初めてのセフレ探しでも迷うことがありませんし、セフレを作るためのサービスと考えた時、Jメールは一強と言っても過言ではありません。

メール無料のサービス機能も

Jメールでは毎日新人検索とチャットが2件まで無料となっています

Jメールはセフレ探しなどのアダルト系に特化した出会い系なのですが、更に競合他社にはない「新人検索からのメール送信2件無料」「あとであそぼメール送信2件無料」など、毎日無料でメール送信できるサービスが不随しているので、継続的にセフレを探すのにうってつけの出会い系サイトになっています。

料金的に見ると、大手出会い系よりもほんの少しだけ高い料金設定ですが、アダルト系の密度は業界No.1ですし、先ほどのような無料サービスもあるので、これからセフレを探すという方に一番におすすめしたい出会い系サイトです。

アダルト系に強いPCMAX

令和セフレ探し2位PCMAX

運営実績20年、累計会員数1800万人という、出会い系サイトとしては二番手の規模を誇る『PCMAX』。

アプリ版は恋活・婚活がメインですが、web版はアダルト色を前面に押し出しており、かなり色気が強い出会い系サイトになっています。

PCMAXのwebトップ

そのせいもあって、Jメールと比べるとやや業者が目立ちますが、比例して一般利用者も多いのでセフレ探しにはおすすめです。

PCMAXでセフレ探しをするには?

PCMAXでセフレを探したい場合は、先ほどのホーム画面から「掲示板検索⇒アダルト全て」と進み、「絞り込み」ボタンを押し条件を絞り込みます。

PCMAXの条件絞り込み

絞り込みでは利用目的選択の欄で詳細な検索設定ができるようになっているので、自分の好みに合った条件を指定するだけでOKです。

路線変更が痛手?最大手のハッピーメール

マッチングアプリを含む出会い系サービスの中で、初めて3000万人を突破した国内最大のインターネットマッチングサービス『ハッピーメール』。

ブランドアンバサダーにCanCam専属モデルのほのかさんを起用し、イメージアップに努めており、恋活や婚活アプリとしても徐々に人気を獲得しつつあります。

その陰で、web版からであればセフレ探しも出来るなど、以前と変わらぬ部分もあり、幅広い目的で利用できるというメリットがあります。

ただし、先ほどご紹介したように、アダルト掲示板ではなく「その他掲示板」というメニュー表記に代わっており、以前と比べるとセフレ探しまでの導線が分かりづらく、アダルト掲示板の利用者が減ってしまっている印象があるので、セフレ探しに限定するのであればやはり1位のJメールの方がおすすめです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました