タップルの評判が悪いって本当?1000人の口コミとツイートから完全検証

タップルの口コミ

タップルは20代を中心に人気を集める恋活アプリで、マッチングアプリの顔ともいえる存在です。マッチングアプリに興味がない人でも一度はタップルという名前を聞いたことがあるくらい人気アプリですよね。

しかしそんなタップルも口コミでの評判はイマイチで、評価の数字だけを見るとちょっと意外な結果になっています。

果たしてタップルのレビュー評価は正しいのか?

1000人以上の利用者の口コミやツイートなどをチェックし、利用者のリアルな意見から見えてくるタップルの良いところ・悪いところを詳しくご紹介していきます。

この特集で分かること!
  • タップルって本当に出会えるの?
  • サクラがいるって聞いたけど本当?
  • みんなどうやって恋人を見つけているの?

タップルの特徴と人気の理由

タップルメインアイキャッチ2020

タップルは2014年5月にサイバーエージェントのグループ企業から正式リリースされた恋活マッチングアプリなのですが、2012年2月にリリースされた日本初のマッチングアプリOmiaiの累計登録者数を2年遅れでリリースされたにも関わず追い抜いてしまった超人気アプリです。

サービス名タップル(tapple)
運営会社株式会社タップル
(株式会社サイバーエージェント100%出資)
所在地東京都渋谷区宇田川町40番1号
連絡先03-6328-2692 (代表)
届出番号インターネット異性紹介事業届出済
受理番号:30140070003
登録者600万人(2020年9月30日時点)
※退会者を除く累計登録会員者数

タップルの特徴

タップルの最大の特徴は、マッチングアプリを作ったアメリカで当時人気だったフリックで好みの相手を見つけるというシステムを導入している点です。

気になる相手をフリック

あなたのプロフィールデータを元に、あなたと相性が良い異性を優先表示してくれるようになっており、次から次に異性のプロフィールカードが表示されていきます。

私もタップルを始めたばかりの頃はドキドキしながらフリックしていたのを覚えています。

一度やりだすとついつい夢中になってしまいますよね(笑)

タップルが苦手な人もいる?

タップルはフリックで次々と異性のプロフィールカードを見れる楽しさもありますが、中にはタップルのようなフリック形式が苦手という方もいらっしゃいます。

タップルではいわゆる検索機能というものがないので、自分で自由に条件を指定して好みの相手をピンポイントで探せない仕様になっています

これがタップルのいいところであり、好き嫌いが分かれるところでもあるんですよね。

この方のように明確な好みが決まっていて、尚且つ婚活中の方には確かに不向きな機能かも知れません。

検索ができないのに何故人気に?

タップルは特に20代から支持されている恋活マッチングアプリで、20代の4人に1人がタップルを使った事があるというデータが出ています。

タップルのフリックマッチング

ストレートに言うと、好奇心旺盛な20代の若者にとってこういったフリックで異性を見ていくマッチングアプリはゲーム感覚で利用できますし、見ているだけでも楽しいんだと思います。

特に友達と一緒にやると確実に盛り上がりますよね。

亮輔
亮輔

これに近い機能をFacebookの創設者であるマーク・ザッカーバーグが開発し、瞬く間に校内(ハーバード大学)で人気になったという逸話があるほどです。こういった機能は特に若者受けが良いのでしょう。

タップルの本当の評価

タップルが配信されているGooglePlayとAppStoreのレビュー評価を見ると、評価が大きく分かれておりどちらが正しい評価なのか分かり辛くなっています。(いずれも2020年7月時点での評価です)

Googleplayにおけるタップルの評価

まずGoogleplayにおけるタップルの評価は3.1ポイント。

Appstoreにおけるタップルの評価

それに対し、Appstoreにおけるタップルの評価は4.0ポイント。

お使いのスマホのOSによって評価が分かれており、AndroiかiPhoneかでタップルの印象が大きく変わってきます。

正確なタップル評価を計算してみた

3.1ポイントと4.0ポイントの平均値を出すと、マッチングアプリとしてはちょっと微妙な「35.5ポイント」という数字になります。

しかし数学的に考えるとこの単純計算は間違っています。そもそも分母が違いますからね。

そこで正確な評価ポイントを算出してみました。

【Googleplay】 3.1 × 35,353件 = 109,594.3
【App store】 4.0 × 121,226件 = 484,904
【合計値の平均】(109594.3 + 484904) ÷ (35353件 + 121226件) = 3.79679….

タップルの本当の平均評価3.8点

特にAndroidユーザーの方にとっては印象が良くなかったタップルの評価ですが、しっかり計算するとマッチングアプリとしては決して悪くはない「3.8点」という評価になりました

これが本当のタップルの評価という事になります。

タップルを高評価している人の口コミ

タップルの利用者は多く、特に20代に利用者が集中しているため、20代の若い方々にとっては同世代と出会える・出会いやすいというメリットが大きいようです。

タップルの良い口コミ

私も20代の頃であれば、間違いなく同世代と出会えるタップルを使っていたと思いますので、タップルがなぜ人気なのかという事が良く分かります。

タップルはいいねの数が多い

タップルは他のマッチングアプリと比べると、追加課金なしでいいかも!を送れるチャンスが多く、いいねが押しやすい環境にあります。

特にその日最初にログインした時に始まる「チャンスタイム」では、30いいかもするまでフリックし放題となっていて、30いいかもを達成するとカードを100枚ゲットすることが出来ます

タップル誕生のチャンスタイム

30人にたいしていいね(いいかも)を送れる上に、更にカード100枚をゲットできるってかなりお得ですよね。しかもこれが毎日必ず発生するんです。

ちなみに、タップルではカード1枚につき「いいかも」もしくは「イマイチ」を一度選択することが出来ます。

つまり異性のプロフィールをめくるたびにカードが1枚必要になるんです。

しかしチャンスタイムを活用すれば毎日200枚以上のプロフィールカードを閲覧してくことも可能で、このシステムによりタップル全体でいいかもが押される回数が増えていくんです

タップルはマッチングしやすい

タップルはカード制ではあるものの、無料フリックが多く毎日しっかり活用することでマッチしやすくなります。

その分、多くのチャレンジが必要ですしいいねが返ってこない事も多いですが、20代がメインのマッチングアプリなのでフットワークが軽い利用者が多く、他のマッチングアプリと比べてもマッチングしやすくなっています

30代以上の利用者や写真が微妙な場合は当然いいねの返信率は下がりますが、20代の利用者であればマッチングしやすい環境が整っています。

20代の同世代が多い

タップル誕生の年齢分布

タップルは20代の利用者が多いという事で有名ですが、厳密には全体の約66%を20代の利用者が占めています。

他のマッチングアプリと比べると20代の占有率が高く、流行りのトレンドタグで表示されるのはほとんどが20代の男女です。

特に20代の頃は同世代の異性と付き合いたいと考えている人が多いので、20代の方で同世代と恋がしたい方はまず真っ先にタップルを試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、20代の占有率が高いタップルは30歳以上の利用者にとってはちょっと使いづらい環境と言えますが、残りの1/3は30代以上の利用者なので恋愛対象が20代でない方でも十分に出会える可能性はあります。

タップルの悪い点:口コミの評判は?

タップルの悪い口コミ

タップルに対して低評価を付けている口コミレビューや愚痴っぽいツイートを見ていると、検索に難がある、ヤリモクが多い、BAN(強制退会)など対応が厳しいという意見が多く見受けられます。

特に先ほどご紹介した条件検索については多くの意見が寄せられていました。

①条件検索が出来ないから使いづらい

タップルでは条件を絞り込んで検索することが出来ないので、様々な不便が生じてしまいます。

特に好みが固まっている方にとってはかなり使いづらいマッチングアプリかもしれませんね。

しかし、ここ1年でタップルでは様々な追加機能の実装がされており、以前よりもかなり使いやすくなったという声が増えてきたように思います。

このツイートにある「安心スコア」も追加された機能の内の1つで、他にも「タグ検索」や「おでかけ機能」、シーズンごとの特集なども開催されており、以前に増して使いやすくなっています。

②即結男子が多い

同じ男性として肩を持つわけではありませんが、タップルは20代の男女がメインなので、どうしても理性で下半身をコントロールできない男子が一定数いるのも確かなんですよね。

これはタップルだからではなく、20代が多いから即(日)結(合)男子が湧いてきちゃうんです。

こういった現状を運営さんもしっかり把握しているようで、取り締まりを強化するためにチャットに禁止ワードをいくつも設けて対処しているようです。

③運営さんの対応が厳し過ぎる

即結男子の排除や業者の排除を目的とし、タップルの運営さんが日々試行錯誤を栗化しているようですが、その中で思わぬワードが禁止ワードとして認識されてしまい、強制退会させられたと不満を漏らす人がかなりいるようです。

強制退会を食らった大半の男性は、思い当たる節があるようですが、中には理由が分からないとぼやいているツイートや口コミもかなりあります。

どうやら女性側から通報されて強制退会させられている即結男子もいるようなので、一概に言葉だけというわけでもなさそうですね。

タップルにサクラが多いって本当?

タップルの口コミを見ていると頻繁に目にするのが「サクラ」というワードです。

登録してすぐに「いいかも」が来たという経験をしている人が特に多く、私も同じ体験をしたことがある1人です。

あれは本当にサクラだったのか?

手当たり次第にいいかもを押している人がいる

私には無い発想なのでこの事実を知った時に驚きましたが、特に20代前半の利用者が多いマッチングアプリではこういった事態が起きているようです。

いいかも中毒者

自分自身のいいかもの数を増やすという目的で、自分から積極的にいいかもを送り、相手からいいかもを返してもらおうというもの。

これにより自分のプロフィールに表示される「もらったいいかも」が増えるので、それに自己満足しているという事らしいです。

TwitterやインスタのGood中毒がこういったマッチングアプリにも波及しているようですね。

タップルでは「新メンバー特集」として、登録したばかりの会員を表示できる機能があるのですが、始めたばかりの会員さんはいいかもを貰っている数が少ないので、いいかもを返してくれる確率が高いのでいいかも中毒者の狙い目となっています。

これが新規登録者からするとサクラと見えてしまう原因の1つなのかもしれません。

サクラがいるという思い込み

口コミやTwitterなどでは毎日のようにサクラ情報が上がっていますが、そういったつぶやきをする人に苦言を呈す人も少なくありません。

サクラだと決めつけて自己肯定してるけど問題はあなたにあるんだよ」という、私のようなモテない男性にとって心に刺さるお言葉ですね(笑)

タップル運営にメリットは少ない

そもそも話になってしまいますが、マッチングアプリの中で2番目に登録者が多く2番目に売り上げを上げているタップルにとって、公安委員会から罰則を受ける可能性があるのにサクラを使って売り上げを伸ばすという行為はあまりにもリスキーです。

どことは言いませんが、過去に公安から摘発された挙句、社長だけでなく社員からも逮捕者を出した大手出会い系がいます。

逮捕イラスト

警察としても最大手を取り締まることで見せしめにしたかったのかもしれませんね。

こういった事例が出来てしまった以上、出会い系やマッチングアプリにとってサクラを使う事は運営会社にとって百害あって一利なしです。

何しろ社長だけでなく社員まで逮捕されてしまいますし、SNSでこういった逮捕の話が流れてしまうと売り上げを元通りにすることはかなり難しくなってしまいますからね。

進化を続けるタップルの新機能

タップル誕生600万人

タップルは2014年にリリースされた恋活マッチングアプリで、2019年あたりまではリリース当初のサービス形態を維持したまま登録者を増やし続けてきました。

既述しているように、タップルは好き嫌いが分かれてしまうマッチングシステムで、最初は楽しいと感じてもなかなか長続きしない人も多かったようです。

しかしこういった状況を打破すべく、2020年にタップルは新機能を続々と追加し、これまでのタップル以上に使いやすく進化しています。

おでかけ機能でデート予定

タップル おでかけ機能

タップルには「おでかけ機能」というデーティングサービスが新たに追加されています。

デーティングというのはデートを前提としてマッチングする事で、メッセージのやり取りをした後にデートに行くのではなく、最初からデートを前提としてマッチングして、マッチ後はすぐデートの調整を行います。

日本では危険だと言われることもありますが、アメリカではデーティング系のマッチングアプリは一般的で、取り合えず会ってみないと相手の事は何も分からないと考えている方におすすめの機能です!

デーティングがおすすめの理由

私もデーティング賛成派で、家族や親友とLINEでやり取りをしていても勘違いやすれ違いが生じるのに、まだ会あった事もないお相手とのメッセージで100%の意思疎通が出来るとは思えませんし、細かいニュアンスを伝えたり、相手の事をしっかりと知るためにはやはり会ってみるのが一番です。

実際に、これまでマッチングアプリでマッチしてデートに行った女性で、会う前のイメージと会った後のイメージが一致したことがある方は一人もいませんでした。

結局マッチングアプリは出会いのきっかけに過ぎず、アプリ上で相手の全てを知ることは不可能だと思いますので、手間を省きたい方や勘違いを避けたいという方にはおでかけ機能のようなデーティングサービスはおすすめですよ!

趣味タグ検索でトレンドマッチ

タップルの趣味タグ

タップルは他のマッチングアプリと同様に、以前はコミュニティ検索が主要なマッチング機能でしたが、現在はコミュニティ機能が刷新され「趣味タグ」に形を変えています。

根本的な機能は変わりませんが、20代に馴染みが深いSNS感覚でマッチングアプリを利用できるという点が大きく、またプロフィールカードに設定している趣味タグが大きく表示されるため、自分と気が合いそうな異性が一目で分かりようになりました。

コミュニティと比べると新規タグの設定も簡単になりましたし、同じ共通点を持つ異性を探しやすくなったという点ではかなり使いやすくなっているように思います。

タグベスト機能でマッチ率アップ

タップルに趣味タグ機能が追加されましたが、その中に「タグベスト」と呼ばれる機能があります。

いくつも設定している趣味タグの中で、結局あなたは何が一番好きなの?という事を分かりやすくするために、趣味タグの中で最も興味があるものを1つ選びアピールすることが出来ます。

現在設定している趣味タグの中からタグベストを1つ選び、それに関連する写真を設定し、コメントを添える事が可能です。

異性のプロフィールを開いたときに、タグベストがあるだけでかなり印象も変わってくるように、タグベストを設定することで共通の趣味を持つ人とマッチングしやすくなりますので、これからタップルを始めるのであれば必ずタグベストを設定するようにしましょう。

ウィッシュカード機能

タップルのウィッシュカード機能

2021年5月10日に実装されタップルの新機能「ウィッシュカード」。

このウィッシュカードは既存の趣味タグに近い機能で、ウィッシュカードを設定することでどんなデートがしたいのか、恋人と何をして楽しみたいのかが一目で分かるようになります。

理想のデートプランで繋がるウィッシュカード

ウィッシュカードはメインメニュー「さがす」から設定可能で、「おすすめのウィッシュカード」を開き「+気になる」をタップするとウィッシュカードを設定することが出来ます。

タップルのウィッシュカード設定画面

趣味タグのように設定したウィッシュカードを元に、同じデートがしたい異性を最大100人まで一覧表示することが出来ます。

プロフカードを1枚1枚表示するタップルの中で、一覧表示できる数少ないコンテンツなので、出来ればフル活用して恋活したいところですね。

ウィッシュカードは初デートの指針

普段の生活の中で出会った異性とは、しっかりとコミュニケーションを取っているので、初デートににどこに行くか悩んだことが無いという事は多いと思います。

しかしマッチングアプリではまだあった事が無い相手なので、初デート悩まされるされるという事は少なくありません。

そういう時に役に立ってくれるのが、タップルのウィッシュ―カードなんです。

タップルのウィッシュカード

ウィッシュカードの一部カテゴリー、例えば映画・音楽・演劇・スポーツ・イベントなどは「チケットぴあ」や「ぴあ」のデータを活用し、人気のデートプランが設定されているようです。

用意されているウィッシュカードは人気デートプランである事がほとんどで、しかもお相手の方がそのウィッシュカードを設定しているのであれば、高確率でお相手の方を喜ばせるデートになるはずです。

もちろん、お相手の意見も聞いた上でデートを決めるべきですが、参考になるデータが既にあるので、初デートをどこに誘うかといった心配をする必要が無いというのはありがたいですよね。

タイトルとURLをコピーしました