そのモテテク間違ってます!男性にモテない間違った恋愛テクニック

男性にモテるための間違ったモテテク

彼氏が欲しい、婚活で素敵な男性と出会って幸せになりたいと考えた時、女性であれば誰しもが「男性にモテるための秘訣」や「男性に愛される女性になるためには」などのモテテク系の恋愛コラムに目を通すことだと思います。

しかし、そういった恋愛コラムやハウツー系に書かれているモテテクは本当に正しいのでしょうか?

中には間違ったモテテク、女性目線でのモテテクを実践し、逆に男性から受けが悪くなっているというケースもあるようです。

あなたが信じているそのモテテク、本当に男性の心を掴んでいますか?

モテテクをおすすめしない理由

ダメ

当然のことですが、人はそれぞれ個性を持っています。

あなたが他の女性と異なるように、男性も1人1人性格も違えば好みも異なります。

どんな美人でも「美人だと思うけどタイプじゃない」と一蹴されることがありますし、どんなに料理が上手でも「食に興味が無い」という男性の前には無意味な特技になってしまいます。

つまり、全ての男性に通用するモテテクというのは実は存在しないんです。

よく目にする女性のモテテク

女性のモテテクをググって見たり、SNSで検索すると様々なモテテクを目にしますし、婚活女性に向けた自分磨きの方法なども紹介されていますよね。

  • モテるためのダイエット方法
  • 男性の胃袋を掴むモテ料理
  • 男性を褒める方法
  • モテコーデ
  • 男性受けが良いメイク
  • 男性を落とすボディータッチ・上目遣い

挙げだすときりがありませんが、中には「それって女性慣れしていない男性には通用するかもしれないけど、普通に恋愛してきた男性には絶対通用しないよね」というものもたくさんあります。

そういうモテテクは、いざ男性の前で実践すると引かれる要因になることもありますし、それによって男性から嫌われてしまうなんてことも実はあるんです。

間違ったモテテクは今すぐに止めましょう!

男性がネット記事で読んだようなありきたりのモテテクを、あなた相手に実践してきたら「うわキモっ!」と感じますよね。

例えば、背伸びをしたような不相応なファッション、突然のボディータッチ、謎に連発される誉め言葉などなど。

好きでもない男性に頭ポンポンされたり、ほほを撫でられたりしたら発狂ものですし、言われたことないような誉め言葉を連発されても「あ~なるほど」とお察し状態です。

女性のモテテクも同じようなもので、男性からキモイと思われることもあるでしょうし、あざとく見られマイナス効果を生むこともあります。

意識的に実践している場合は即座に止めるべきですし、無意識にやっている場合も気を付けて改善すべきかもしれませんね。

1.過度なダイエットは逆効果

ダイエットに励む女性

女性にとっては美しくなるために、自分を磨くためにダイエットを頑張る事は美学とされていますが、ダイエットをすることで逆効果を生むことがあります

そもそもダイエットに関して、男性と女性の感覚に差がある事が原因です。

女性にとって自分の標準体重から2~3kg増えるだけで「あぁ太っちゃった」となりがちですが、男性にとってはそのくらいの体重差であればほとんど気にしていません。

さすがに10kgも太ってしまったらアウトだと思いますが、過度に体重を気にして食事制限することで、男性が気を使う羽目になり息苦しくなることがありますので、男性が求めていない限り無理にダイエットすることはパートナーである男性に負荷をかけることにもつながりかねません。

中にはプロポーションにうるさい男性もいますが、そういう男性がタイプでない限り過度なダイエットはあなたにとってストレスになりますし、一緒にいる男性にとってもストレスになってしまいます。

2.自己満足の料理上手

自己満足の料理上手

料理上手な女性がモテる傾向にある事は間違いでありませんが、男性の中には食に興味が無い人もいます。

そういう男性相手に自慢の料理を振る舞い、感想が返ってこないと不機嫌になったり、無理に意見を求めてしまうと逆に男性から煙たがられてしまいます。

料理上手である事が、モテテクではなく自己満足になっている最悪のケースです。

どんなに料理を頑張っても、味の好みが違えば男性に料理を押し付けている羽目になってしまいますし、それがお互いにとってストレスの原因になってしまっては元も子もありません。

男性は料理上手な女性が好き“という定説は間違っていないと思いますが、その定説に頼り過ぎて押し付けになるとマイナス効果を生みますので、自分のためではなく相手のための料理である事を忘れないようにしましょう。

3.おしゃれの方向性

偏におしゃれといっても、男性と女性でおしゃれの方向性が違う事はありますし、好きでもない無理なおしゃれは後々あなたを苦しめることにもなりかねません。

そもそも男性の中にも、ヒールを履く綺麗系が好きだという派閥と、スニーカーなどフラット系の可愛い女性が好きだという派閥に分かれており、派閥によって男性の性格もタイプも大きく変わってきます。

本来であれば可愛い系を好む男性が好きなのに、「モテる」という理由からおしゃれ系に走ってしまうと、あなたが理想とする男性が寄ってこないという事にもなりかねませんし、無理を長く強いられる羽目になってしまいます。

ファッションの幅を広げるという意味では良いと思いますが、無理なファッションは疲れますし飽きちゃいますよね。

またトレンドに流され続けると、トレンドばかりを追う男性としか出会えません。

そういう男性が好みであれば良いのですが、もしそうでないのであれば無理にトレンドを追う事を止めてみてはいかがでしょうか。

4.あざと可愛いという幻想

上目使いやふとした時のボディータッチなどなど、あざとく立ち回る事で男性の心を射止めるというモテテクはあまりにも有名ですよね。

確かに効果的だと感じることもありますが、そういったモテテクで簡単に心が揺らぐ男性と付き合いたいと本当に思っていますか?

あなたがモテテクを使った事でその男性の気を引くことができたとしたら、他の女性が同様にモテテクを使ったとしても同じことが起きる可能性があります。

つまり、浮気をする可能性が高い男性という事です。

私ならそんな男性は絶対にお断りです。

ボディータッチや上目遣い、弱みを見せるなど、典型的なモテテクで男性の気を引くという事は、長い目で見たとき自分の首を絞めるだけですので、遊び目的でなく真剣に恋活・婚活しているのであれば小手先のテクニックを使う事はおすすめできません。

素の自分で勝負する

ファッションセスがダサすぎるのでファッションセンスを磨いたり、料理教室に通ったり努力することで料理の腕を上げるなど、自分の身になることは積極的にやっていくべきですが、それが全ての男性に通用するというわけではありません。

ファッションに対してこだわりが強い男性と付き合いたいのであればファッションセンスは磨くべきでしょうし、料理が好きな男性と付き合いたいなら料理の腕を磨くべきでしょうが、単にモテたいという理由だけでやるのであればおすすめはできません。

私が以前付き合っていた男性は、とにかくファンションに対するこだわりが強く、洋服を買いに行くとなると一日中買い物に付き合わされることになり、彼の好みにそぐわないファッションをするとちくちく小言を言われたり、デートのたびに気が重くなっていました。

結局のところどういった男性と付き合いたいのかという理想を無視するとあなたが疲れるだけですし、あなたの性格をしっかりと理解した上で自分磨きの方向性を見極める必要があります

あれもこれもと、いろんな事に手を伸ばすと身を滅ぼす結果になりかねませんので、自分磨きをするのであればまずはしっかりと自分と向き合う事から始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました