アフターシークレットで大人の出会いは出来るのか?気になる評判とライター評価

アフターシークレット アイキャッチ

大人のチャットアプリ『アフターシークレット』。

“オトナのチャット”というワードが使われている事から「セフレアプリか?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、こういった大人のチャットアプリに必ず付いて回る心配事がありますよね。

  • もしかしてぼったくり?
  • 安全なアプリなの?
  • サクラはいる?

そこでこの記事では、アフターシークレットがセフ活向きのアプリなのか、そして安全に利用できるアプリなのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

またチャットアプリとしての評価や、私が登録して使ってみた感想なども掲載していますので、アフターシークレットが気になっているという方は是非参考にしてみて下さい。

結論!アフターシークレットはサクラだらけ

結論

詳細と理由については後程詳しくご説明するとして、まずは結論からお伝えすると、アフターシークレットにはサクラしかおらず、また出会い系アプリとしても信用に足るものではありませんので、課金して利用するような行為はおすすめできません!

アフターシークレットに登録して数分でファーストメッセージが届き、1時間も経たないうちに数名の女性からメッセージが送られてきました。

それ自体は普通の出会い系アプリやマッチングアプリでも稀にある事ですが、そこまでの経緯に不可解な部分が多く、またアフターシークレットのシステム上、明らかにサクラである事が分かります。

サクラがいなおすすめのセフレアプリ

このサービスの評価を確認したという事は

「セフレや不倫相手が欲しい」
「今日誰かを抱きたい(抱かれたい)」
「定期で都合の良い人居ないかな」

と思った人だと思います。

出会い系アプリやマッチングアプリで「目的別」のランキングを作成しています。

がセフレ関係で言うとJメールが一番おすすめです。

不倫アプリ1位はJメールとなりました

理由は大きく分けて3つ。

  1. ほぼ毎日新人が登録している
  2. その新人相手だと無料でメッセージ
  3. 新規登録で1000円分貰える

というもの。

Jメールでは毎日新人検索とチャットが2件まで無料となっています

新人さんはとにかく慣れていないので「メッセージが来たら返信するもの」と思っています。

よってほぼ全員が会話が出来、ライバルがまだなら会う事がすぐに決まります。勿論慎重な人相手なら顔写真の交換などもしますが。

そしてJメールは毎日新人さん限定で2通まで無料でメッセージ送信可能です。

これを利用すると毎日タダでH相手を探せます。

お試しあれ!

アフターシークレットの安全性について

アフターシークレットはGoogleplayで配信されている無料アプリで、配信カテゴリは「ソーシャルネットワーク(SNS)」、そして建前上は「チャットアプリ」となっています。

アフターシークレットのスクリーンショット1

しかし運営さんが用意している画像を見ると、恋活や婚活といった文字が並んでおり、SNSではなく出会い系アプリである事が分かります。

出会い系アプリで確認すべきポイント

アフターシークレットのような出会い系アプリを利用する際、登録前に必ずチャックすべきポイントがいくつかあります。

それが「公安委員会への届出」と「運営会社」です。

この2つをチェックすることで、サクラがいるかという事が高確率で分かりますので、まずはアフターシークレットの届出と運営会社情報を調査してみました。

アフタートークは届出済み?

出会い系の届出制度についてご存知ないという方のために簡単に説明すると、マッチングアプリのように異性と出会えるインターネットサービスは「出会い系サイト規制法」という法律で規制されており、マッチングサービスや出会い系サービスの運営事業者には「インターネット異性紹介事業届出」を提出することが義務付けられています。

届出をせずにサービスの提供を開始してしまうと、当然法律違反となり罰金を科せられます。

では、今回のアフターシークレットはどうかというと・・・

残念ながらアフターシークレットは届出をしていません。

アフターシークレットの運営会社

アフターシークレットの配信ページ(Googleplay)を見ると、提供元は「secretafter inc」と記載されていますが、アプリ内の情報を確認するとGoogleplay上とは異なる情報が掲載されています。

アフターシークレットの運営会社情報

運営会社は「株式会社Ragoal」となっていたので、こちらが本当の運営会社なのだと思いますが、登記情報を調べたところ株式会社Regoalは令和元年に閉鎖されていました。(神奈川県にも同名の建設系企業が存在していますが、今回のRegoalとは全く別の企業のようです)

つまり自主的に会社を清算したか破産したかのどちらかなんです。

閉鎖から2年以上が経過している企業が運営会社って明らかにおかしいですよね。

届出をしていない事といい、アフターシークレットの信用度は0点です。

アフターシークレットのサクラ問題

サクラはいるのか?

前章でご紹介したように、アフターシークレットの信用度は低く、事前に調べることが出来る範囲だけでもサクラがいる可能性は非常に高いと思われます。

また会員登録してからすぐにメッセージが届いていたことを考えても、間違いなくサクラを使っていそうですね。

直球過ぎる自己紹介

アフターシークレットの検索一覧を表示させると、自己紹介文の冒頭の一部が抜粋表示されるのですが、かなりストレートなお誘い文句が書かれているケースが多く、私が知っているセフレアプリではまずありえない光景が続いています。

女性のプロフィールを開くとこんな感じです。

あまりにも軽い感じを出してしまうと女性の価値を下げる事になってしまうので、自分の身を護るという意味でも「即会いHがしたい」などと書く女性はまずいません。

経験上、ここまでストレートな表現をする一般女性は皆無で、いるとすればサクラか業者くらいです。

見境が無いメッセージ

アフターシークレットに登録する際、初期のプロフィール設定ではニックネームに加え、簡単な情報しか設定できません。

顔写真を設定した場合は、後からプロフィールで設定しなくてはならないのですが、アフターシークレットのような使用できないセフレアプリで自分の写真を使うのは怖いので、顔写真を設定せずに放置していました。

それにも関わらず、次々と女性からメッセージが送られてきているので、99%サクラであると断定して問題ないと思います。

しかも送られてくるメッセージは、私がどのような人物かもわからないのにいきなりのお誘い文句。

これはやってますね(笑)

アフターシークレットの料金

アフターシークレットのようなサクラがいる出会い系アプリではあるあるなのですが、一般的な出会い系アプリと比べるとかなりの高額で、ちょっとメッセージを送っただけでもあっという間に1,000円が蒸発するレベルです。

サービス内の通貨は「コイン」で、1コインあたり1円の計算となり、コインを必要とするアクションと金額は以下の通りです。

消費コイン金額
チャット送信25コイン250円
画像添付40コイン400円
添付画像閲覧40コイン400円

出会い系アプリのチャット送信平均相場は50円、セフレに特化したセフレアプリであれば70円というのが妥当な金額です。

メッセージ送信時の画像添付に関しては、10円や30円など出会い系によって様々ですが、さすがに400円というのはクレイジー過ぎる設定ですよね。

アフターシークレットの評価と使った感想

いかにも怪しげな出会い系アプリ『アフターシークレット』ですが、実際に調べてみてもやっぱり怪しげな出会い系アプリでしたね。

最近はアプリの配信基準が高くなってきているようで、以前と比べるとこういった怪しい出会い系アプリは減ってきている傾向にありますが、業者側の対応し出したのかチラホラ見かけるようになってきています。

いくらセフレ系のアプリと言えど、法律を遵守していないアプリはかなり危険ですので、くれぐれも下手な詐欺商法に捉まらないようにしましょう。

セフレを探すのであれば、本記事の序盤でご紹介した『Jメール』が一番のおすすめで、私がこれまでに最もお世話になってきたセフレアプリです。

他にも『PCMAX』や最大手の『ハッピーメール』でセフレを探すことはできますが、実際にセフレが出来た回数、出会えた回数で言えばJメールの成功数は倍以上なので、まだ使ってみたことが無いという方は試しに使ってみてはいかがでしょうか?

新人さんが相手であれば1日2通までメッセージが無料なのでかなりおすすめですよ!

タイトルとURLをコピーしました