クリスマス前に付き合うのは厳禁?クリスマス彼氏のデメリット

クリスマスが近づくにつれ、街中のカップルが妙に目に付くようになってしまいます。

本来ほとんどの日本人にとって無縁ともいえるクリスマスというイベントなのですが、今ではカップルのためのイベントとして定着し、多くのカップルがクリスマスを楽しんでいます。

その為、11月頃から「クリスマスを一人で過ごすのは寂しい」「クリスマスに彼氏がいないのは恥ずかしい」と彼氏彼女作りに躍起になる人が少なからず出てきます。

果たしてクリスマスだからという理由で、急いで彼氏や彼女を作ることは正しい事なのでしょうか?

また、クリスマス前に彼氏彼女を作ることは本当に幸せなことなのでしょうか?

彼氏が欲しくなるクリスマスの魔力

クリスマス前になると、街の至る場所にクリスマスイルミネーションが飾られ始めます。

クリスマスイルミネーション

こういった光景を目にするたびに「彼氏が欲しい」という思いが頭をよぎってしまいますよね。

クリスマスが盛り上がる理由

キリシタンが少ない日本で、クリスマスがここまで大きなイベントになった発端は実に商業的なもので、プレゼントとしてアクセサリーやブランド品を購入して欲しい企業側が、クリスマス商戦を仕掛けたのが始まりと言われています。

クリスマスは商業的な意味で大きなイベントとなっているため、12月になると多くの企業がクリスマスに関連付けた広告やイルミネーションを飾り始めます。

街中のクリスマスイルミネーション

またカップルのデートスポットとして人を呼びたい自治体や商店街の組合が、毎年決して安くないお金を払ってイルミネーションを飾るため、嫌が応なしに街はクリスマス一色になっていくんです。

強烈なクリスマスソング

イルミネーションに加え、私たちに「彼氏作らなくて大丈夫?」と念を押してくるのがクリスマスソングです。

毎年必ず流れてくる、過去に流行ったクリスマスソング。

世代でもないのに口ずさめるほど耳に残っているから不思議ですよね。

クリスマスソングを聴くだけでクリスマスの匂いを感じてしまうほど、それだけ何度も何度もあらゆる場所で繰り返し流されているという事なのでしょう。

年代によって変わるクリスマスの意味

クリスマスプレゼント

私たちが幼い頃は、クリスマスと言えば自分が欲しいプレゼントをサンタさんから貰えるという1年の中でも特別な行事でした。

それが徐々に友達同士のプレゼント交換に変わっていき、異性を意識し始める中学生頃から彼氏彼女がプレゼントするものに変わっていきます。

形こそ違いますが、幼いころから大人になるまでクリスマスはずーっと特別なイベントのままなので、クリスマスになると余計に彼氏彼女が欲しくなってしまうんだと思います。

クリスマス前に付き合いだすのは危険?

クリスマス前になると、特に女性たちの話題の中に増えるのがクリスマスをどう過ごすかという事です。

そういう時、彼氏がいる子は楽しそうにしていますが、彼氏がいないとクリスマスは妙に窮屈に感じてしまいますよね。

そうした非リアなクリスマスを避けるために、好きというわけではないけど告白してくれた男性と付き合う事にしたという子もいれば、クリスマスまでに彼氏を作ろうと合コンに参加したり、マッチングアプリに登録する子がいます。

私自身、似たような事を何度かやった経験があります。

クリスマス前の妥協は危険

クリスマス前に彼氏を作るために恋活することは問題ではありませんし、それが恋活のモチベーションになるのであればいい事ですよね。

中には恋に消極的な子もいるので、そういう女の子がクリスマスをきっかけに恋に積極的になることは素晴らしい事だと思います。

でも、焦るがあまりクリスマスまでに間に合わせるためだけに妥協で付き合う人がいます。

クリスマスという1点で考えれば大成功なんだと思いますが、私の経験上、そして私の友だちを見てきた限りではクリスマスだからと妥協して付き合うと、長い目で見た時にデメリットの方が圧倒的に多いように思います。

妥協で付き合い早い別れ際

とりあえずクリスマスだからという理由で彼氏を作った子たちは、私が知る限り年が明けて2月・3月になると熱も冷め、春までに分かれるというケースがほとんどでした。

もちろん、中にはそのまま長く付き合うというカップルもいますが、シングルクリスマスを避けることが目的だった子たちにとっては既にゴールしているわけど、長続きするケースの方が稀だったように思います。

スパっと切り捨てられるのであれば良いのですが、大抵はちょっとした情が残ってしまい、分かれることに対して罪悪感を感じている子もいました。

結局、別れ際に大きな反動を受けてしまうのは自分自身なんです。

私の似非クリスマス

実は私も一度そういう経験をしています。

11月に知り合った男性と11月の末ごろからお付き合いすることになったのですが、好きだから付き合うというわけではなく、クリスマスが近いからという理由でOKをしたんです。

クリスマスとお正月を経て、仲良くはなったけど大好きというわけではなく、バレンタインデーの時にどうしてもテンションが上がらず、徐々に疎遠になり別れる。

クリスマスにゴールを設定して付き合った事がある人の中には、私と同じような経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

別れる時の罪悪感と、分かれた後に残るむなしさ。

それ以降、クリスマスやイベント事のために付き合うのはやめようと心に決めました。

実は多いクリスマス前の破局

クリスマス前の破局

今ではクリスマスは我々日本人にとって欠かせない一大イベントです。

特にカップルにとってはクリスマスは特別なイベントになりますが、それが重荷となることもあります。

例えば、あまりうまくいっていないカップルの場合、「この人とクリスマスを迎えて大丈夫?」という疑問が頭をよぎる事があります。

そんな相手のためにプレゼントを用意したり、気合を入れてクリスマスデートに行く事に抵抗を感じるようになってしまうんです。

その為、クリスマス前に別れを決意する人も多く、実は一年の内で最も別れるカップルが多いのがクリスマス前だと言われています。

クリスマスまでに彼氏彼女が欲しいと願う人がいる反面、この人とはクリスマスを過ごした良くないと別れる人も多く、何だか私たちはクリスマスに振り回されている感じがしますよね。

タイトルとURLをコピーしました