年収1000万円以上の男性と結婚する為に必要な事は年収を見ない事って知ってる?

年収が高い男性と結婚するのは現実的な将来設計をしていると当然行きつく結論。

私もそう思います。

「年収は最低でも700万円以上は必要」
「大手財閥系企業に勤めてる理系の職種」
「年収は1000万円以上の20~30代前半」

しかし私個人としては「年収高めの人とどこで知り合ってるの?」というぐらい高年収の人を見つけるのが難しい。

でも私の友人には1000万円どころかもっと年収が凄い人(予測ですが)と結婚している人もいるぐらいに余裕綽々な人生を歩んでいる。

そういった人達がどのように見つけたのかを知り、対策を講じていきたいと思います。

私は真剣です。

独身で年収が高い人を見つけるのは難しい

結婚を意識し出して周りを見てもあまり高収入の人が居ない。

というか高学歴も居ない。

これが私の今の現状なのですがこれは「私のような職場がそもそも高学歴が務めるような職種ではないから」という理由からです。これは自分でも自覚しています。

そして例え良い人だなと思った人も

  1. だいたい既婚者
  2. 良い女の彼女がいる
  3. 超遊んでいて危険

という3重苦だったりします。

そこで成功を納めた友人(旦那は会社社長)に質問をぶつけてみた!

「年収1000万超えの人と出会いたいんだけど、どうやったら良い?」

すると回答がこうだ

「年収1000万超えの彼女や結婚相手に自分が相応しいと思えるの?」

いやそりゃ見た目褒められた事があるけど客観的に言うと顔は芸能人やモデルのように綺麗ではないし、心の綺麗さも無いし学も無い。

でも私はこういった。

「自分は相応しいと思ってたん?」

すると回答がこうだ

「私も全く相応しいとは思ってない(笑)」

??

友人は続けて馬鹿な私でもわかるように説明してくれたのだが

女優のように綺麗な人であれば超エリートだったり金持ちなど優良物件に選ばれる事はそうそう無い話。相手も自分の価値がわかっているから敢えて下を見る必要が無い。

そう同じように私たちも選り好みをしている時点で同類。

男女で求める部分が違うだけで上を見ているのが同じで「君は1000万円以上の年収がある人の伴侶になる価値があるのか」と常に見られている。

と説明を受けた。

「じゃあアンタはどうやったんだよ!!」

と言う気持ちを抑えつつ

「じゃあアンタはどうやったの?」

と平静を保った態度で質問をぶつけてみると至極まっとうな回答がそこにはあった。

育つ男性と育てる女

友人曰く高級取りと結婚したのはあくまで結果論という事だった。

もちろん若い時からそれを意識して居なかった訳では無かったみたいなんだけど、見た目や面白さで人を好きになるのは高校までで卒業した。

重要視したのは

  1. 個人の能力
  2. 継続する力
  3. 出世の仕方

おおまかに分けてこの3つらしい。

掻い摘んで解説すると

個人の能力

まず大事なのは個人の能力。

これって学歴という事では無いのが大事な所。大学院卒であったとしてもニートしてますとか年収が低い人もザラに居ます。

職選びも能力の一つで例えば工場勤務であれば院卒で責任者になったとしてもせいぜい年収700万円ぐらいが成功事例の最たる例。

高卒であったとしても不動産会社で実績を積み上げ、会社独立という人もかなり多い。

飲食店をとってもチェーン店で実績を積んでもあまり意味は無く、パティシエやフランス料理などで修業し独立する人は成功の芽がある。

現状は修行中の身ですけど大成する個人能力があるかどうかを見極める事が必要。

今は年収が低くても成功するかどうかをじっと支え育てるというのが大事。

そういう事らしいです。

継続する力

これも例えてくれました。

銀行員って高給取りのイメージがあります。メガバンク(三井住友銀行など)に勤めていると30歳を超えるあたりで年収が1000万円を超えてきます。

地方銀行だとかなりの差がありますがかなり激務な上に成績にも影響されます。

そして知り合い(友人の)に聞くとほとんどが「あまりの激務の為に転職を希望する」という回答になるようです。

もちろん勤め上げる人もいます。

また定職に就くもののだいたい2年目から辞めたい病を発症し定期的に転職を繰り返す人がいます。

しかも結構な確率で。

そういった人は年齢を重ねる程年収が下がっていきます。

これも見極める必要がありますね。

出世の仕方

あとは出世の仕方を考えるべきとも言っていました。

これは上で言った内容に重複するのですが今の仕事に将来性があるのかどうかという事らしい。

具体的に言うと

  1. 昇給が必ずある職種や企業
  2. 独立希望で独立で成功するか
  3. 転職でより良い企業に行けるか

みたいな感じです。

大手企業であれば平均年収などデータが揃っています。

独立希望という事で上で言った通りの企業か。そしてその企業や同ジャンルの飲食店などの成功する確率がどうか。(修行店の質も重要)

税理士などは独立も多く人が慢性的に少ない職種だったり司法書士も同様。

そういった感じでステップアップができるのかどうかを見極める必要があるみたい。

なるほど…

私が出した結論

1000万以上の年収を狙っていましたがこれは私が間違っていました。

完成された男性を追うのでは無く「今から年収が上がる人を見つける」という事が大事だったのですね。しかし時間があるかしら…

私のように30代に突入している人は焦る必要がありますが

若くまだ20代の女性であれば今から彼氏を探す際に

  1. 企業の将来性
  2. 転職して高給になれるか
  3. 独立の成功率

などを意識してみて下さい。

私たちにはその道しか残されていないようです。なんでも独立を希望するのも危険なような気がしますがそれも結婚前にさせちゃえば良い訳ですし!

ギャンブルやたばこをしない、そして高給取りをゲットしちゃいましょう!

それでは成功を祈っています!

タイトルとURLをコピーしました