GoToデートは出会えないアプリ?気になる評判とアプリ評価

GoToデート

ビデオ通話でオンラインデートが楽しめるマッチングアプリ【GoToデート】。

GoToトラベルにひっかけたアプリ名になっているため、かなり目を引くマッチングアプリになっていると思いますし、どんなサービスなのか気になっているという方も多いのではないでしょうか。

そこでマッチングアプリ歴5年の私がGoToデートを実際に使ってみて、皆さんにその内容をご紹介しようと思ったのですが、結論から言うとGoToデートでは出会えません

なぜGoToデートは出会えないのか?

私が実際に使ってみた感想と、利用者の口コミ・評判なども合わせ、GoToデートの評価と出会えない理由について詳しくご紹介していきたいと思います。

GoToデートってどんなアプリ?

GoToデートのオンラインデート

GoToデートは「ビデオ通話の出会いをマッチングアプリで」と書かれていますが、ビデオ通話は出来るものの決してマッチングアプリと呼べるような代物ではありません。

正しく表現するのであれば、ビデオ通話が出来る掲示板形式の出会い系アプリです。

GoToデートは出会い系アプリ

GoToデートマッチング不要

マッチングアプリと書かれているGoToデートですが、双方にいいねを送り合う事でメッセージが送れるようになるマッチングアプリではなく、気になる人には一方的にメッセージを送ることが出来る出会い系アプリです

マッチングアプリでなかなかマッチングしないという人にとっては魅力的なシステムですが、出会い系アプリにはマッチングアプリ以上に業者が多く、サービスによっては業者しかいないという事も多々あります。

確かに「絶対繋がれる」のかもしれませんが、繋がれる相手がサクラや業者だと全く意味がありませんので、マッチング不要が良いというわけでもありません。

GoToデートのシステムと使い方

GoToデートのメインとなる機能は、掲示板・コミュニティ・検索・オンラインデートの4つです。

デフォルト画面が掲示板なので、基本的には掲示板が中心になるんだと思います。

GoToデートのオンラインデートは、通話待機中の異性に音声通話もしくはビデオ通話をかけることが出来ます。

逆にあなたが通話待機をすると、異性から通話がかかってくる可能性があり、これをGoToデートではオンラインデートと位置付けているようです。

いわゆるビデオ通話アプリという事ですね。

GoToデートは無料なの?

マッチングアプリといえば月額定額で、有料会員になるとメッセージは送り放題というシステムですが、マッチングアプリとして配信されているGoToデートは月額不要となっています。

ということは無料なの?と思う人がほとんどだと思いますが、実際には月額不要であるものの出会い系アプリと同様の従量課金制になっています。

重量課金というのは、使った分だけでお金を払うという料金システムで、メッセージの送信数が多い人は月額定額以上の金額を支払う事になります。

本気で恋活・婚活する人は圧倒的に定額の方がお得なので、もし本気で恋活婚活するのであれば月額定額の本当のマッチングアプリの方がおすすめです。

GoToデートが出えない理由

冒頭でGoToデートは出会えないと評価をしましたが、その理由について解説したいと思います。

細かく言えばかなりの数の要因が挙げられますが、大きな要因としては以下の3つが挙げられます。

  1. アプリのダウンロード数と会員数
  2. 運営会社不明で信頼度が低い
  3. メッセージが大量に届く

アプリDL数と会員数が合わない

これはGoogleplayにおけるGoToデートの情報なのですが、アプリのインストール数は「50+」となっているので、実際にアプリをダウンロードした人は50人以上100人未満という事になります。

しかしアプリを開くと100人以上の女性会員が表示され、男性と合わせれば優に200人を超える会員さんがGoToデートに登録している事になります。

データと実数値が合わないんです。

こういうアプリは基本的にあまりおすすめできません。

GoToデートの運営会社が不明

GoToデートは有料コンテンツを含む有料サービスなので、特定商取引法で定められている「特定商取引法に基づく表記」をアプリ内に掲載する必要があります。

これは運営会社情報を掲示するという事なのですが、GoToデートではどこを見ても運営会社情報が見当たりません。

利用規約に「GoToデート合同会社」と書かれていますが、登記情報を確認しても同名の企業は見受けられませんでした。

運営会社の身元が不確かなサービスで課金するのはおすすめできません。

メッセージが大量に届く問題

GoToデートに登録して数秒で最初のメッセージが届き、登録後1分ほどで既に3人の女性からメッセージが届いていました。

1時間半ほど放置してみたところ、56人もの女性からメッセージが送られてきていました。

顔写真も登録していない状況で、これだけメッセージが届くのは明らかに不自然ですよね。

GoToデートにはサクラがいる

GoToデートに登録して利用してみた感想としては、一般登録者とは思えない利用者が多く、また信用第一のマッチングアプリにおいて運営会社の身元がハッキリしないという大きな問題を抱えています。

一般的なマッチングアプリでは、運営会社の情報が出ていないという事はまずありえませんし、マッチングアプリは認可制なので公安委員会から認可を受けなければ配信できないですし、配信するにはいくつもの制約を守る必要があります。

マッチングアプリの法的ルール

マッチングアプリや出会い系アプリの運営会社は「インターネット異性紹介事業届出」を公安委員会に提出し、認可を受けた上でサービスを配信しなくてはなりません。

またこの認可を受けるには、様々な問題をクリアしている必要があります。

  • 運営会社の情報を公開する
  • 認可番号を必ず掲示する
  • 利用者の年齢確認を実施する(18歳未満は利用禁止のため)

GoToデートは年齢確認を実施しているようですが、それ以外がクリアできていないので、もし届出をしたとしても確実に認可が下りません。

その状況でアプリを配信しているという事は、届出をせず無許可で配信しているという可能性が非常に高いんです。

サクラシステムについて

サクラはいるのか?

口コミなどでたびたび見かける「サクラ」は、スタッフが利用者にメッセージを手作業で送っているのではなく、定型文を自動的に送信しているに過ぎません。

要はサクラはシステム化されているんです。

しかし公安に届出をしているマッチングアプリであれば、公安委員会からチェックを受けるためこういったシステムは利用できません。

逆に言えば、届出をしていないアプリはサクラシステムを使っている可能性が高いという事でもあります。

届出していないアプリはスルーしよう

GoToデートを出会いえないと評価した一番の要因はここにあり、届出をしてないアプリは規制が働かないためサクラを使ったとしても公安からお咎めを食らう事がありません。

またGoToデートのように運営会社の身元を明かしていないケースは、公安としても手を出しにくいですので、結局消費者が泣き寝入りするしかなくなります。

女性目線で考えた時、こういった怪しいアプリを利用するくらいなら、無料で利用できる認可済みのマッチングアプリの方が絶対に良いですしね。

GoToデートに一般女性が登録する確率は低く、男性がお金を払って相手をしているのは”サクラシステム”という可能性が非常に高くなります。

おすすめの届出済みマッチングアプリ

GoToデートのように届出をしていないマッチングアプリよりも、公安委員会に届出をしているマッチングアプリの方が断然安全です。

サクラがいないという意味でも、業者が少ないという意味でも、安全に利用できるという事が何よりも重要ですからね。

届出をしているマッチングアプリの中で、GoToデートのようにオンラインデートが出来るマッチングアプリがいくつかあります。

もしオンラインデートが目的であれば、こういったマッチングアプリがおすすめですよ!

Omiaiオンラインデート

恋活・婚活マッチングアプリの『Omiai』では、オンラインデート機能がリリースされていて、マッチングした方とビデオ通話が楽しめるようになっています。

Omiaiは利用者も多いですし、マッチングアプリの中でもトップクラスに人気があるので、安全性と機能性を求める方におすすめです!

タップルコン公式アイキャッチ

20代の男女に人気の『タップル誕生』では、オンラインで合コンが出来る「タップルコン」なるサービスを提供しています。

ビデオ通話を使ってオンラインで合コンが出来るシステムで、幹事役が用意されているので進行もスムーズです。

オンライン合コンに興味があるという方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました