ウラデジはサクラだらけ?ウラデジ歴5年のライターが実情を吐露

デジカフェの裏メニューとしてセフ活など大人の出会いに利用されている【ウラデジ】ですが、口コミでは「サクラがいる」という内容を頻繁に目にします。

ウラデジには本当にサクラがいるのか?

ウラデジに関する口コミやツイートと、ウラデジ歴5年の私の感想と経験を元に、ウラデジのサクラ事情に迫っていきたいと思います。

ウラデジにサクラはいるのか?

贔屓目に見てもウラデジは人気出会い系サイトと呼べるほど会員数が多くないので、ウラデジに関するツイートや口コミはあまり多くありませんが、数少ない意見の中にもサクラという3文字が目立ちます。

多くのい方がきになるであろうウラデジのサクラ問題。

果たしてウラデジにサクラはいるのでしょうか?

ウラデジ歴5年の私の感想

私がウラデジに登録したのが2015年だったはずなので、今年でウラデジ歴6年以上という事になります。

その私が「ウラデジにサクラはいる?」という質問をされた場合、返す言葉は間違いなく「NO」です。

NO

私がこれまでにウラデジを利用してきた経験から言っても、ウラデジにサクラはいないと自信を持って断言できます。

だからと言って掲示板に書き込んだり、直接メッセージを送ってくる女性全員がセフ活女子とは限りません。実際にセフ活目的以外の女性もかなりいるようです。

では彼女たちは何者なのでしょうか?

ウラデジのサクラとチャットレディ

ウラデジのCBとメルレ

これはデジカフェ・ウラデジに限った事ではありませんが、出会い系サイトには以前から女性にキャッシュバックする還元システムがあります

大手で言うとハッピーメールなんかもそうですよね。

サクラとキャッシュバッカーの立ち位置は異なりますが、男性目線では両者の違いが分からないためサクラと断定されることが多々あります。

CB:キャッシュバッカー

一部の出会い系サイト・出会い系アプリでは、男性が消費したポイントに応じて女性にポイントが付与され、貯まったポイントをお金に換えることができます。

こういったキャッシュバック目的で利用する女性のことを以前はキャッシュバッカー(CB)と呼んでいたのですが、最近はCBではなく「チャットレディ」「メールレディ(メルレ)」と呼ぶようになってきています。

Twitterで「出会い系サイト名+メルレ」で検索するといろいろ情報が出てきますので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

本来はライブチャットやビデオチャットで活動する女性を「チャットレディ」、男性にメッセージを送ってキャッシュバックでお小遣い稼ぎをする女性を「メールレディ」と呼んでいたのですが、キャッシュバッカーを募集している業者がCBもチャットレディ枠で募集するようになったのがきっかけのように思います。

ウラデジのキャッシュバッッカー

ウラデジは会員のレベルに応じてメッセージ送信時の消費ポイントが異なるため、キャッシュバッカーが獲得する報酬は1通につき約10円~30円と幅広くなっています。

他にもチャット5分毎に数十円が還元されるなど、男性が消費したポイントの約10分の1の金額がキャッシュバッカーに支払われる仕組みになっています。

ウラデジの料金システムについては別の特集の中で詳しくご紹介していますので、ウラデジの料金システムが気になる方はこちらもチェックしてみて下さい。

キャッシュバックは女性集客の手段だった

スマホでニュースを確認する女性

男性からすると「こんなキャッシュバックシステムを作る運営が悪い!」という意見しか出てこないと思いますが、実はこういったポイント還元システムは女性を集客するための手段として使われるようになったという経緯があります。

2000年代前半は出会い系サイトの印象は悪く、現在のマッチングアプリな健全なイメージではなく出会い系は不健全というイメージが強く、男性会員の割合が圧倒的に高い状況でした。

そのため、女性を集客する手段としてャッシュバックシステムを採用する出会い系サイトが少なくなかったんです。

代表的な例がハッピーメールやウラデジ(デジカフェ)などです。

それが現在では「CB(メルレ)=副業」のような扱いになってしまい、業務的にキャッシュバックを狙いに行く女性が増えています。

男性にとってはどちらも同じようなものなので、キャッシュバッカー(メルレ)がいる出会い系サイトでは必然的に「サクラがいる」と言われてしまいます。

決して悪意のシステムというわけではありませんが、現在も女性ユーザーの獲得をこのキャッシュバックに頼っている側面があるため、撤廃という流れには至らないようです。

男性にとっては本当に厄介なシステムですよね。

ウラデジに通い詰める業者

出会い系サイトやマッチングアプリには、少なからず業者が紛れ込んでいます。

一言で業者と括ってしまう事がほとんどですが、業者にもいくつかの種類があります。

  • ID収集業者
  • 誘導系業者
  • 闇デリ

いずれもSNSからコピってきた美人女性の写真で男性に声をかけてくるので、出会い系耐性が低い男性はコロっと騙されてしまいます。

ウラデジのような真っ当な出会い系サイトであれば、運営さんがアカウント停止などの処置を下してくれるのでまだ安心できますが、中には業者自身が出会い系アプリを作成するケースがあったり、マッチングアプリと偽ってLINE IDを搾取するための出会い系アプリをリリースするなどの事例もあります

こういった悪質なアプリは基本的にインターネット異性紹介事業届出をしていませんので、繰り返しになりますが届出をしていないアプリには絶対に手を出さないようにしましょう。

そして、積極的な美人には気を付けましょう!

LINE IDの売買を繰り返す業者

一般人にとっては理解不能ですが、世の中にはLINE IDのリストを作り販売している業者がいます。

LINE IDが業者に渡ると特殊詐欺などのターゲットにされる可能性もあるので、こういったID系業者は特に気を付ける必要があります。

積極的にLINE IDを交換しようと話を持ち掛けてきたり、ハンドルネームがLINE IDになっている綺麗な女性にはくれぐれもご注意ください。

高額サイトへの誘導系業者

  • サイトだと通知がなくて気付かない事が多いから
    私が使ってるアプリで連絡しよ
  • LINEが苦手で〇〇っていうアプリ使ってるんです。
    良かったらこっちで連絡しましょ

ウラデジに限らず、出会い系サイトやマッチングアプリで女性からこのような誘い文句を受けたら「業者だ!」と断定しても問題ないレベルです。

ID系の業者はLINEに誘導しますが、誘導業者はLINE以外の聞いたこともないSNSアプリなどに誘導しようとしてきます。

だいたいこういったアプリは出会い系よりも高額なチャットアプリになっています。

最近では減ってきましたが、一時期はかなりの被害者が出ていたようなので、ウラデジを利用する方はこういった誘導系の業者には特に注意しましょう。

セフ活を狙った闇業者

ウラデジのようにセフ活している男性が多い出会い系サービスでは、必ずと言って良いほど闇業者がいます。

闇業者というのは、行政に届出をせず無許可で営業している闇デ〇ヘルの事です。

闇業者は綺麗な女性の写真を使って声をかけ、体の関係を持つ代わりに報酬を要求してきます。

簡単に言えば業者による売春の斡旋ですね。

私も心が揺るぎかけたことがありますが、無許可の闇業者なので衛生面も心配ですし、トラブルに巻き込まれても困りますし、何より違法行為ですので「苺(1万5千円)」や「2本(2万円)」といった隠語を送ってきた場合は通報&スルー推奨です。

個人で活動している一般女性

ウラデジやセフ活系の出会い系には、一般利用者・チャットレディ・業者の他に、お小遣い稼ぎ目的で”売り”をしている女性がいます。

法律問題もあるので直接的な発言は避けたいと思いますが、彼女たちは男性とヤル事自体は好きだけど、お金も稼ぎたいという意図があるようです。

法的に危険なのでおすすめできません

実は私がセフレ目的で出会い系アプリを使い始めた頃に、個人で活動している女性に出会った事があります。PCMAXの掲示板でセフレとして知り合ったのがきっかけでした。

その女性には彼氏がいたようなのですが、遠距離のため月に1度会えるかどうかで、性欲が強い彼女にとっては発散できない事がストレスだったようで、無性にやりたくなったらこういった出会い系サイト出会い系アプリでワンナイトの相手を見繕っていたようです。

その時は何の請求もありませんでしたが、日によっては掲示板で普通に隠語を使って金銭交渉しているとのことでした。

どういう時に交渉するのかを聞いてみたところ、買いたいものがあるなどお金が欲しい時にお小遣い稼ぎの一環としてやっているとのことで、普段はOLとして普通に働き、欲しいものはお小遣い稼ぎで手に入れるなど、裕福な生活を送っているようでした。

当然、金銭の授受を伴う行為は法律的にアウトですし、バレた場合は互いに危険ですので、メッセージで交渉をされたら避けるようにしましょう。

ウラデジのサクラの正体

ウラデジアイキャッチ

デジカフェやウラデジだけでなく、公安委員会に届出をしている健全な出会い系サービスにサクラはいません。

ただし、今回ご紹介したような副業として活動するCBやメルレ、違法な行為を繰り返す業者などは確実にいます。

ウラデジ(デジカフェ)さんもこういった業者の排除には勤めているようですが、業者は全国に複数いますし、なかなか対処が追い付かないというのが現実のようです。

キャッシュバックシステムについては男性目線で言うと辞めてほしいのですが、女性集客に一役買っているのは事実なので難しいところですよね。

私がこれまでにウラデジを利用してきた中で、基本的に積極的にメールを送ってくる女性たちはCBか業者なので、受け身にならずに自分からメッセージを送って開拓するようにしてきました。

ただこの方法だとお金もそこそこかかりますし、運要素も絡んでくるので、複数の出会い系サイトで並行して活動していくのがおすすめです。

並行して利用するおすすめ出会い系

実際に出会い系サイトや出会い系アプリ、そしてマッチングアプリを使ってセフ活をしたことがあるという方であれば分かっていただけると思いますが、セフ活はそんなに簡単なものではありません。

募集するタイミング、そして相手のタイミングが合致して初めてマッチングするため、「今日はやけにムラムラするなぁ」と思って掲示板を開いても、運良く相手が見つかる確率は低く、根気よくセフ活を続ける必要があります。

しかし、人間なのでどうしても我慢できない日はあると思います。

そういう時は、ウラデジだけでなく他の出会い系アプリ(サイト)を開いて、都合が合う人がいないかチェックすることをおすすめします!

セフ活におすすめの出会い系

Jメールの退会方法と他のおすすめアプリを紹介しています

ウラデジと並行してセフ活する場を設けるのであれば、一番のおすすめは『Jメール』です。

ウラデジと比べると会員数はかなり多いですし、ウラデジよりも安く利用することができます。

またウラデジと同様にセフ活向きの掲示板が複数ありますので、ウラデジに登録するのであればJメールにも同時に登録することをおすすめします!

次におすすめなのが、出会い系アプリ最大手の『ハッピーメール』です。

ハッピーメールは2020年に累計登録者が2,000万人を突破しているモンスター出会い系なのですが、その内の一部がブラウザ版でのみ提供されている「大人の掲示板」に流れていっています。

そこであればセフレ系の募集も盛んにおこなわれていますし、専門性は低いとはいえ分母が大きいので出会える可能性はかなり高くなります。

ただし、日本最大の出会い系アプリであるために業者の数も日本一なので、その点だけくれぐれもご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました