【大人の出会い】ウラデジがセフ活におすすめの理由3選

みなさんは『ウラデジ』という2001年から続く老舗出会い系サイトをご存知でしょうか?

ウラデジは余程出会い系に馴染みが深い方でない限り知らないであろうディープ路線を突き進む出会い系サイトで、マッチングアプリよりもはるかにセフ活におすすめなんです!

ウラデジがどのような出会い系サイトなのか知らないという方のために、ウラデジがセフ活におすすめの理由とどのようなシステムになっているのかをご紹介していきたいと思います。

この特集で分かること!
  • ウラデジがセフ活におすすめの理由
  • ウラデジの使い方
  • ウラデジでセフレを作る攻略法

ウラデジという出会い系サイト

ウラデジアイキャッチ

今回ご紹介するウラデジは「デジカフェ(DigiCafe)」という出会い系サイトの裏メニューのようなもので、上の画像にも書かれているように”デジカフェのアダルトサイド“がウラデジとなります。

デジカフェは出会い系としてあまり有名ではありませんが、セフレ界隈では裏の顔であるウラデジが人気で、数少ないセフレに特化した出会い系サイトになっています。

デジカフェとウラデジ

サービスデジカフェ(ウラデジ)
運営会社株式会社NORG
所在地東京都新宿区新宿1-19-10
サンモール第3マンション701
設立平成8年5月24日(1996年)
届出・認可インターネット異性紹介事業 認定番号:30090216006
電気通信事業者 届出番号:A-15-6165

デジカフェとウラデジの運営会社「NORG」さんは、2001年のサービス提供開始の5年前となる1996年に設立され、現在はデジカフェ及びウラデジのサービス運営が主たる事業のようです。

どのようなタイミングでデジカフェからウラデジが派生したのかは分かりませんが、ウラデジ自体の歴史もそこそこありますので、そういう意味では安心して利用できるセフ活サイトだと思います。

デジカフェの登録者数

デジカフェ(ウラデジ)と同時期にサービスを開始したハッピーメール・PCMAXといった大手出会い系サイトと比較すると、デジカフェ(ウラデジ)の累計登録者数は決して多くありません。

むしろかなり少ないと言って良いと思います。

参考までに2020年11月末時点における、各社発表の累計登録者数は以下の通りです。

デジカフェハッピーメールPCMAX
サービス開始2001年2000年2002年
累計登録者10万人以上2500万人1500万人
アプリ配信×

3社のサービス開始時期にそこまで開きはありませんが、累計登録者数には大きな開きがあります。

累計登録者数におけるハッピーメールの1強ぶりは相変わらず凄まじいですが、デジカフェの登録者数10万人以上は流石に少ない気がしますよね。

ただし、ウラデジは万人受けするサービスではなく、特定の目的を持った男女のみが利用するセフ活向きの出会い系サービスなので、登録者が少なかったとしてもこれでいいんです!

ウラデジがセフ活におすすめの理由

デジカフェは決してメジャーな出会い系サービスではありませんが、「セフ活」というセフレ探しの1点においては非常に優秀な出会い系サービスです

セフ活にウラデジをおすすめする理由は3つあります。

ウラデジがおすすめの理由

  • 自社サイトなので規制が緩い
  • セフ活向きの専用掲示板
  • セフ活のガチ勢が多い

1.サイトのみの提供なので規制が緩い

マッチングアプリを始めとした出会い系サービスは「出会い系サイト規制法」という法律で規制がかけられていますが、最近の主流であるマッチングアプリはそこから更にアプリの配信プラットフォームであるGoogle社とApple社の規制がかけられています。

Googleplayロゴ Appstoreロゴ

アプリを配信する場合、アプリ配信市場を独占しているこの2社に依存するしかなく、両社の規約に反するとアプリが配信できなくなるという大きなハンデを背負う事になります。

しかしこの点においてウラデジは自社HPのみ、つまり出会い系サイトのみでのサービス提供となっており、法律厳守は当然のことながらそれ以外の規制が特になく、セフ活がしやすい環境が整っているんです。

出会い系アプリとマッチングアプリ、そしてウラデジのような出会い系サイトの特徴を比較すると非常に分かりやすいと思います。

ウラデジ出会い系アプリマッチングアプリ
アダルト要素××
既婚者の登録×
チャット規制かなり緩いやや厳しい厳しい

マッチングアプリでは禁止ワードをチャットで送ったりすると強制退会になる事がありますが、ウラデジでは余程の事が無い限りそういった事が無く、ちょっとした隠語はあるものの大々的にセフ活をすることができます。

特に最近のマッチングアプリはいろいろと厳しいので、マッチングアプリでセフ活をするとなると様々なリスクを考慮した動きが必要になるなど、思い切った行動が出来ないためどセフ活には不向きなんです。

セフ活の壁となる違反通報

マッチングアプリでセフ活をする際、マッチングした相手が真面目に恋活・婚活している方というケースが9割以上です。

真面目に恋活・婚活している女性はヤリモクの男性を特に嫌うので、こちらがセフ活していると分かると違反報告をポチっとされることがあります

ペアーズの違反報告▲ペアーズの違反報告

Twitterを見ていても違反報告機能を使っている女性はかなり多いようですし、ヤリモクと分かるとTwitterで違反報告を呼びかけたり、既婚者だと分かると更に徹底的に攻撃されるという事も珍しくありません。

マッチングアプリではこういった違反報告と強制退去というリスクがつきものなので、マッチングアプリでセフ活するのはあまりおすすめできません。

それにマッチングアプリは月額定額制であり、数ヶ月の有料プランを購入した後の強制退去はお金の無駄になってしまうので、金銭面で考えても厳しい規制を設けているマッチングアプリよりも規制が緩い出会い系サイトの方がおすすめなんです。

2.セフ活向きの掲示板

デジカフェとウラデジには掲示板があるのですが、ウラデジの掲示板はかなり特殊な掲示板が多く、セフ活がしやすい環境が整っています。

まずはウラデジに切替

まずウラデジにログインするにはサイト右上に表示されている「ウラトップ」もしくは「ウラに切替」というボタンを押し、ウラデジ表示に切り替えます。

スマホからウラデジを利用する場合は、デジカフェのトップページを一番下までスクロールし、上の画像にあるように「ウラに切替」をタップすることでウラデジに切り替わります。

ウラデジに切替てログインした後に掲示板を開くと、このようにS&Mや既婚者専用掲示板がある他、地域別の掲示板も用意されています。

基本的にウラデジにいる会員はセフ活目的が9割以上なので、どの掲示板を開いても書き込みのほとんどがセフレ希望者となっています。

3.ウラデジにはセフ活ガチ勢が多い

ウラデジは純粋に恋活や婚活をするタイプの出会い系サイトではなく、どちらかというと大人が利用する大人のための出会いの場です。

その為、集まってくる男女はセフレを探しているような方々が多く、また特殊な趣味を持った男女が同じ趣向の異性を探しにくるというケースが多くなっています。

見ての通りM系やフェチ系の募集がいくつもあります。

文字に起こすといろいろ問題がありそうなので、敢えて荒い画質にして画像をアップしてみましたw

特に変わったプレイを好む方であれば、ゼロから開拓していくよりも、こういった場所でディープなプレイが楽しめるパートナーを探す方が濃密な時間を過ごせるようになるのではないでしょうか。

番外:高いと評判のウラデジ料金

出会い系に馴染みがある方で、ウラデジ(デジカフェ)をご存知の方であれば「ウラデジは料金が高い」というイメージを持たれている方はかなり多いと思います。

実際、メッセージ送信1通につき消費されるポイント(料金)だけを比較すると、その他出会い系サイトと比べてウラデジは約4倍の料金設定になっています。

ウラデジの料金システムはレベル制になっていて、最安でもレベル10の19PM(1PM=11円なので204円)となり、出会い系相場の1通50円の約4倍となります。

しかし、他の出会い系サイトではプロフィール閲覧が有料になっており、実はメール送信よりもプロフィール閲覧に課金ポイントを費やしているという背景があります。

こういった事情から、使い方次第ではプロフ閲覧有料の出会い系よりも、プロフ閲覧無料ながらメール送信料金が高いウラデジの方が安くなることがあり、特に多くのプロフを閲覧して回るセフ活の場合はプロフ無料の恩恵が大きく、セフ活向きの料金システムになっていると言っても過言ではありません。

ウラデジでセフレを作るには?

ウラデジは公式発表で会員数が「10万人以上」なので、セフ活に特化したおすすめの出会い系ではあるものの、アクティブに活動している利用者は決して多くありません。

その為、ウラデジ利用者全員にセフレが見つかる可能性はかなり低くなります。

そもそもセフレ系の出会い系アプリやマッチングアプリでセフレが見つかる確率はかなり低いので、セフレが見つかる可能性が低いのはウラデジに限った事ではないんですけどね。

それでもマッチングアプリで手当たり次第にいいねを押して、デートしてセフレに育成していくよりも、性欲が強い人をウラデジで探すほうが間違いなくセフレが出来るスピードは早いはずです。

男女比とスピード

これはウラデジに限った話ではありませんが、男女比に大きな開きがある場合、男性の大半が「出会えない」という状況に陥ります。

例えば、マッチングアプリの最大手として有名な『ペアーズ(Pairs)』において、既存会員の男女比はだいたい「男性7:女性3」なので、必然的に6割の男性は出会えないという状況が出来上がってしまいます。

男性7人に対して女性3人の割合なので、男性7人のうち4人が出会えない、つまり男性の57%が出会えないという事になります。

ペアーズ男女比率▲2020年8月時点におけるペアーズの男女比

また女性の方々も全員マッチング出来ているわけではないので、そう考えるとかなりの数の男性がマッチング出来ずにペアーズを退会しているという事が予想されますよね。

これはウラデジでも同様で、むしろセフ活系の出会い系サイトはペアーズよりも男女比に開きがあると思われますので、ペアーズの何倍もマッチするのが難しくなってしまいます。

競争率が高い状況では、間違いなく「スピード」が重要視されますので、出会えないからとウラデジを退会するのではなく、定期的に新規会員や掲示板を確認に行くフットワークとスピード、そして継続力がセフレを作る上で重要になってきます。

もしウラデジでセフレがなかなかできないという場合は、こういったアプリもおすすめです!

セフ活に強いJメール

Jメールは出会い系アプリの中でもかなり特殊なアプリです。

一般的にアプリはGoogleplayもしくはAppstoreを経由して配信されますが、Jメールは自社サイトでアプリの配信を行っており、出会い系アプリでありながら規制を受けない緩い出会い系アプリとなっています。

その為、セフ活に使われることも多く、実際に私がセフレを見つけたのはほとんどがJメールです。

Jメールは会員数が累計600万人を超えており、セフ活向きの出会系アプリのなかでは最大規模のサービスとなっています。

もしウラデジでなかなかセフレが見つからないという場合は、Jメールを試してみるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました