ビデオ通話「トーカティブ」気になる口コミとセフレを匂わすサクラの正体

ビデオ通話アプリ「トーカティブ」の口コミとサクラチェック

好きな話題でビデオチャットを楽しむビデオ通話アプリ『トーカティブ』。

「満足度No.1」を掲げているので、どんなアプリなのか気になっている人も多いのではないだろうか。

ビデオ通話アプリを利用する際に気になる事と言えば…

  • アダルト?それともノンアダルト?
  • サクラはいるのか?
  • ビデオ通話にかかる料金
  • トーカティブの口コミと評判

など、気になることは多い。

そこで本記事では上記内容を中心に、トーカティブがどんなアプリなのか徹底解剖しているので、トーカティブが気になっているという方は参考にしてほしい。

トーカティブってどんなアプリ?

トーカティブがどんなアプリなのか?

それはアプリを起動するとすぐに確認できる。

トーカティブはアダルト系ライブチャットアプリ

トーカティブはアダルトライブチャットアプリです!

ライブチャット」とは女性が男性に向けてライブ配信をするオンラインサービスだ。

その中でも、アダルト系のライブチャットは女性が配信の中でエッチな事を行う大人向けのライブ配信サービスになっている。

ライブチャットとビデオチャット

一般的にライブチャットはPCブラウザ向けであることがほとんどだ。

亮輔

最近では、ライブチャットもスマホブラウザで視聴できるようになってきており、PCが無くともスマホだけで楽しめるようになっている。

対して、「ビデオチャットアプリ」はスマホ向けのライブチャットを指し、主にスマホのビデオ通話機能を使って1対1でビデオ通話するサービスの事を指す。

ゲーム配信を行う女性

よくあるゲーム系のライブ配信とは異なり、ライブチャットは1分毎に料金が発生する仕様になっているのだが、アダルト系になるとこの料金が結構な金額になってくる。

ライブチャットやビデオチャットを楽しもうと思ったら、財布にかなりの余裕がある人でなければ満足に楽しむことは難しいだろう。

報酬が目的のチャットレディ

チャットレディ写真①

ライブチャットやビデオチャットで配信を行う女性を「チャットレディ」と呼ぶ。

ライブチャットの場合、チャットレディは運営が用意した配信専用の部屋から配信することが多いが、ビデオチャットであればスマホから配信することが出来る。

そういった手軽さからチャットレディとして自宅配信する女性が増えているようだ。

ビデオチャットのチャットレディとして在宅ワークする女性が増えたおかげで、ビデオチャットの数も増えてきているのだが、そこに付け込もうとする悪徳業者が増えているのも事実。

では、今回のトーカティブはどうなのだろうか?

トーカティブにはサクラがいるのか?

ビデオチャットのサクラとチャットレディ

“基本的に”ビデオチャットアプリにはサクラがいない。

サクラを使う目的はチャットの活性化や、ユーザーに課金させることだが、ビデオチャットではチャットレディが男性に営業してくれるので、まともなビデオチャットアプリなら運営がサクラを用意する理由がないのだ。

しかし、トーカティブに登録すると「サクラいるよね?」と直感的に感じる出来事が多く、サクラがいないと宣言することは難しそうだ。

トーカティブはサクラを使っている?

トーカティブに登録した直後のチャットボックス

これはトーカティブに登録して約50分後のチャットボックス。

見ての通り、登録から1時間も経過していないのに既に43件のメッセージが届いている。

このメッセージ量を見て、サクラを疑わない方が難しいだろう。

サクラ確定?人間には不可能な速度のメッセ

トーカティブに登録すると、登録完了と同時に運営(トーカティブ公式)から案内メッセージが届くのだが、システムメッセージであるトーカティブ公式と同じ時刻に2人の女性からメッセージが届いているのは流石に不自然と言わざるを得ない。

トーカティブのサクラたち

トーカティブではただでさえビデオチャットらしくないメッセージ量が届くのに、登録から1分も経たずにメッセージが届く。しかもメッセージの内容がとにかくサクラ臭い。

まず何より、新規登録した男性を見つけてメッセージを送るだけでなく、加えて動画まで添付送信するという事を1分以内に出来るだろうか?

人間には無理?サクラの可能性大の挙動

これはトーカティブで受け取ったメッセージなのだ、他のメッセージもこのメッセと同様にメッセージと動画(画像)添付が高確率でセットになっている。

トーカティブのサクラメッセージ

トーカティブの画面を凝視していると、どの女性のメッセージを見ても文章と動画を1秒のズレもなく同時に受信している。

メッセージと動画を同時タイミングで受信することは、普通に考えるとあり得ない挙動なのだ。

自分が送信する側だと思って想像してみて欲しい。

人間には不可能なサクラの挙動

相手の名前を確認して文章を作って送信し、次に動画添付ボタンを押し、フォルダの中から送りたい動画を選択し、その動画をアップロードして送信する。

これを同時タイミングに行うなんて人間には到底不可能だ。

加えて、私がトーカティブに登録したのは平日の午前中(9時37分)。

そんな時間にアダルト系のビデオチャットアプリで、今か今かと新規登録者を待ち構えているチャットレディがいるだろうか?

さすがに”サクラ“だと考える方が自然だろう。

トーカティブでサクラ検証!その方法と調査結果

アプリのサクラ調査

状況だけを見れば、サクラがいる可能性は高そうだが、トーカティブの運営がチャットレディに対してそのようなスパルタ教育を行っている可能性もゼロではない。

という事で、初歩的な検証を行ってみた。

サクラを検証する方法

1.メッセを送ってきた女性をランダムに10人ピック

2.検索結果に表示されるかチェック

3.検索に表示されなければほぼサクラ

一部異なるアプリもあるが、ほとんどのサクラアプリではメッセージを自動送信する都合上、サクラは一般会員アカウントではなく、運営側のスタッフアカウントを使用している。

そのせいで、公式アカウントが検索結果に反映されないのと同じように、サクラが検索結果に反映されないという事態が起きてしまう。

では、トーカティブでサクラ疑惑があるチャットレディたちはどうだったかというと…

サクラが検索に表示されない!

おすすめできません

トーカティブでメッセージを送ってきた女性たちを無作為に10人選び、彼女たちのプロフが表示されるよう検索条件を入力して検索してみたが、10人中9人が検索にヒットしなかった。

トーカティブのチャットレディたちは、全員ではないものの9割近くがサクラで間違いなさそうだ。

この検証中に気付いたのだが、サクラたちは異様なほど美人率が高く、トーカティブで「待機中」と表示されている本物のチャットレディと、大量発生しているサクラとのビジュアル差があまりにも顕著だ。

本物のチャットレディも少数ながらいるのだろうが、チャットレディの質があまり高くないので、サクラを使って男性を釣り、利益を出そうという考えなのだろう。

ちなみに、トーカティブに登録して3時間で受信したメッセージは100件を超えていた。

流石にやりすぎだ。

アプリで大人の出会いを楽しむ方法

トーカティブのようなビデオチャットアプリが増えた背景として

  • コロナ禍で夜のお店に行けない
  • 彼女やセフレはいるがなかなか会えない
  • 外出を控えているので欲求が溜まりまくっている

といった、社会人男性特有の事情があった。

しかし、現在はコロナ以前の生活様式に戻っているので、性を発散したいのであればセフレアプリでセフレを見つけるのが一番手っ取り早くておすすめだ。

ビデオチャットでお金を使うくらいなセフレアプリ

何より、セフレであれば女性と直接会うことが出来るし、直接触れる事が出来る。

やろうと思えば無料でビデオチャットと同じことも出来てしまう。(スマホのビデオ通話を使った相互プレイなど)

ビデオチャットの料金が高いという点を考慮しても、安く済ませたい人こそセフレアプリを使うべきだろう。

初心者でも安心!公安認可のセフレアプリ

セフレアプリと聞いて、「怖い」「騙されそう」というネガティブなイメージを持っている人は多いのではないだろうか。

実際、今回のトーカティブのようにサクラがいて、料金もぼったくりという出会い系アプリが無数にあるので、騙された経験を持つ人は多いだろう。

しかし、本物のセフレアプリは公安から認可された安全な出会い系アプリなので、全員身分証を提出して年齢確認を実施しているし、危険な目に遭う事はまずない。

アプリよりおすすめのセフレアプリ

私も長くセフレアプリを使ってきているが、危険な目に遭ったことは無いし、そのような空気を感じた事もない。

どちらかと言えば、性欲を発散したいだけの女性が多く、見た目も中身も普通の社会人が多い。

もしまだセフレアプリを体験したことがないのであれば、これを機にセフレアプリへの第一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。

セフ活におすすめのJメール

800万人突破のJメール

セフレアプリとして日本最大級の規模を誇る『Jメール』。

今回のアプリのように男性だけが消費者となるビデオ通話アプリではなく、男女共に出会いを求めている出会い系アプリ、しかも大人の出会いに特化したセフ活アプリだ。

ビデオチャットのようにオンラインで見せ合うのではなく、オフで生身の相手とプレイしたいのであればJメール一択と言って良いだろう。

利用料金も一般的な出会い系アプリと大差ないだけでなく、男性は特定条件下であれば無料でメールを送る事が出来るという魅力的なセフレサービスになっている。

Jメールの無料メールを活用しよう

Jメールのおすすめ無料コンテンツ

Jメールでは検索機能の「新人検索」からであれば毎日メールが2通まで無料になっていて、加えて時期によって特定条件下でメール2通無料が追加されることがある。

Jメールの新人検索からのメール2通無料

こういった特典を活用することで、現実的に、そして低コストでセフレを作ることが出来る。

その特異な性質から、Googleplayでは配信されておらず、配信されているAppstoreでも18禁向けの掲示板が削除されているので、Jメールを利用するのであれば公式サイト(ブラウザ版)からの利用がおすすめだ。

Jメールの魅力と人気の理由

Jメールは20代~40代の利用者が多いが、その中でも30代の利用者が最も多く、割り切った大人の関係に発展しやすい。

こういった性質から、最近増えているのが20代前半の未体験男性が筆おろしに利用するケースで、初心な年下男性を狙っているお姉さんや熟女が増加傾向にある。

他にも、様々な目的に応じた掲示板が用意されているので、あなたの癖に合った出会いが必ず見つかるはずだ。

Jメールのアダルト掲示板

スレッドの中でも特に人気なのがアダルト掲示板の中にある「人妻の誘惑」で、性欲を発散する場所に困っている大人の男女が出会いの場として活用している。

初回登録であれば無料ポイントが貰えるので、まずは登録してみて無料の範囲で大人の出会いを楽しんでみてはどうだろうか。

ビデオ通話アプリやライブチャットよりも遥かに安い料金で大人時間を楽しめるのでおすすめだ。

Jメール [AD]

トーカティブの評判と口コミの内容

トーカティブの口コミと評判

トーカティブの評価とレビューを見ると、1200件以上の投稿の平均は「4.6点」と驚くほど高い。

ビデオ通話アプリとして考えば、異常なほどの高評価と言って良いだろう。

トーカティブの評価とレビュー

全体の9割以上が星5を付けており、口コミも星5レビューが99%というありさま。

トーカティブの異常なサクラ量を考えても、高評価の口コミは”仕込み”と見るのが妥当だし、高評価の口コミは真に受けない方が良いだろう。

低評価を付けた口コミは2件

トーカティブの口コミで、低評価を付けている口コミは2件しかないが、普通ならそういう感想になるよねという口コミになっている。

トーカティブの低評価口コミは2件

・桜しかいない。それに高い
・評価が高すぎておかしいと思ったら案の定金をむしるだけのサクラしかいないアプリでした

ちなみに、こうやってトーカティブの記事を書いている間にもサクラからのメッセージは届き続けており、登録から約4時間半でメッセージの量は160件を超えていた。

登録から4時間ちょっとでサクラから160件のメッセ

このような露骨なサクラアプリに高評価を付ける方がどうかしている。

トーカティブは料金も異常

アプリの料金を解説

トーカティブは従量課金制になっており、予めポイントを購入する必要がある。

最低購入額は480円で384pt、最高購入額は9,800円で8,600ptとなっている。

トーカティブのポイント購入画面と料金

これらをレート換算すると、トーカティブのポイントレートの平均は「1pt=1.2円」となる。

この購入したポイントを使って各種コンテンツを楽しむわけだが、一般的なビデオチャットアプリと比較すると料金があまりにも高く、ハッキリ言って正常な料金設定ではないしおすすめできない。

トーカティブの消費ポイントと料金

トーカティブの消費ポイントと、1pt=1.2円と仮定した時の実料金はこのようになる。

トーカティブのポイント表

1pt=1.2円 消費ポイント 料金
メッセージ 60pt/通 72円/通
画像付きメッセの開封・送信 60pt/通 72円/通
ボイスメッセの開封・送信 60pt/通 72円/通
動画付きメッセの開封・送信 160pt/通 192円/通
音声通話 160pt/分 192円/通
ビデオ通話 280pt/分 336円/分

この料金表を見れば、トーカティブのサクラたちが執拗に画像や動画を添付していた理由が分かるだろう。

添付されている動画をポチってしまうと、それだけで192円分のポイントが吹き飛んでしまうから驚きだ。

それ以上に驚くべきは、ビデオチャットのメインコンテンツと言って良いビデオ通話の料金だろう。

何と、トーカティブでビデオ通話を行うと1分につき336円分のポイントを消費することになってしまうのだ。

大手ライブチャットとトーカティブの比較

ライブチャット大手の料金

上記の大手ライブチャットであれば、アダルト系だったとしても1分あたり100~165円で済む。

対して、トーカティブは1分当たり336円。

この料金設定がいかにぼったくりかという事が分かるだろう。

これに課金するくらいなら、セフレアプリでセフレを探した方がよっぽど安くすむだろうし、何よりディープな体験が出来るので、大人の遊びをするのであればセフレアプリの方がおすすめだ。

トーカティブの運営会社について

アプリの運営会社は信頼できる?

ここまでに紹介したように、トーカティブは有料コンテンツを含むビデオチャットアプリだ

少しだけ法律の話をすると、「特定商取引法」によって有料コンテンツを含むインターネットサービスは「特定商取引法に基づく表記」として、消費者庁が定める情報を掲示する必要がある。

しかし、トーカティブはアプリ内に特商法表示のページが無く、利用規約などを掲載しているnoteのページにも運営会社に関連する情報は公開されていない。

Appstoreに載っている「Shin Kojima」さんが個人運営している可能性もあるが、チャットレディを抱えて報酬の支払いなどもやっていると考えると、流石に個人でやっているという事は考えにくい。

法人か個人か、どちらなのかは分からないが、どちらにせよ特商法表示をしていない時点でアウトという事になり、運営の信頼度はゼロと言って良い。

くれぐれもこういった不透明な運営が提供しているアプリで課金しないように注意してほしい。

真面目な恋がしたいならマッチングアプリ

おすすめの恋活・婚活マッチングアプリ

トーカティブに興味を持った男性の中には、女性との出会いを期待してアプリをインストールしたという人もいるだろう。

もしその目的が、セフレなどではなく真面目な恋、つまり恋活や婚活なのであれば、おすすめはビデオ通話アプリではなくマッチングアプリだ。

現在の日本で恋活・婚活をするなら、マッチングアプリ一択と言って良いだろう。

その中でも特におすすめのマッチングアプリを、目的別・年齢別に紹介しているので、これから恋活・婚活を始めようと考えているのであれば、是非こちらの特集を参考にアプリを選んでみてはいかがだろうか。

LoveMatchingおすすめ特集

恋活・婚活したいあなたにおすすめ!

マッチングアプリランキング12選
恋人がほしい!結婚したい!という方におすすめのマッチングアプリ特集。これまでに300以上のマッチングアプリを見てきた専門ライターによる解説とジャンル別ランキング

 

セフレなど大人の関係におすすめ!


恋人ではなくセフレやパパ活ママ活など、合意の上での大人の関係を築きたい方におすすめ!出会い系歴10年以上の熟練ライターによるセフレの作り方とおすすめアプリランキング